ブログホーム セッティング BD8 M05 TRF417X BD7 レースレポート ボディデザイン ラジコントーク
*

達人クラスのスーパーエキスパートさん達に共通すること!?

それはピットがものすごくキレイということ。

ラジコンを知っているのできっと余計なものは出さないんですね。

僕も見習ってキレイというのを心がけているんですが、不意のトラブルが起こると焦ってすぐぐちゃぐちゃになります…

いつもお世話になっておるベテランのスーパーエキスパートさんのピットはいつも芸術的にキレイ。

最近ピットライトをマッチモアの最新型に買い換えられたとのこと。

LEDの色調が昼白色もしくは暖色に切り替えられるようになりラグジュアリーさも加わっていらっしゃいました。いつも勉強させていただきありがとうございます!!

関連記事
きれいはかっこいい!スタワンで見かけたスッキリピット
 

とことんこだわっていこう!!

スーパーエキスパートさんは細部にまで余念が無い!!このこだわりこそがライバルを引き離すタイム差となって現れることでしょう。まずはカタチからでも見習っていこうと思います!

*



ラヂコンもんちぃで見つけた2つのナイスなアイテム

毎日5回以上はチェックするラヂコンもんちぃさんのWEBサイト。よくこれだよ!!コレというアイテムがピックアップされています。その中でも実際に僕が手に入れたアイテムをご紹介させていただきます。

カワダ SKG07 ダイヤモンドヤスリ 開先90度

これずっと探してたんですよね!!!ホームセンターなどあちこち探したんですけど、意外とない。

最近TRF417Xに419のフローティングサーボステーなど組み込んだわけですが、シャーシに新しくドリルで開けた穴の周りをこのダイヤモンドやすりで面取りをすればビスがキレイに収まるようになります。

関連記事
カワダ「ダイヤモンドヤスリ 開先90度」再入荷

このダイヤモンドやすりとドリルがあれば自由度100%!!!旧車にあんなパーツやこんなパーツをつけてぜひお楽しみ下さい。
 

Powers POWER TUNE ベアリングメンテナンスオイル

僕、この手のケミカル好きなんですよね。以前にもドライフルードやアクソンベアリングオイルなど比較実験もしていまして、この手のものは大概手にしております。


関連記事
POWERS「パワーチューンベアリングメンテナンスオイル」(1)水より低粘度!
POWERS「パワーチューンベアリングメンテナンスオイル」(2)まずはベアリングの脱脂から
POWERS「パワーチューンベアリングメンテナンスオイル」(3)脱脂後注入でサラサラ
ドライフルード実証実験…ほんとにこのマテリアルは最強か!?

もんちぃさんによるとZIPオイルで脱脂すればベアリングの蓋を外さなくても良いとのことでしたが、僕たばこ吸わないので持ち合わせておりません。かわりにCUREのブレークリーンが余っているのでこれを使ってみます。

 


これは匂いもけっこう強烈で、家の中では使わないことのの注意書きもあり、効きそうなので、コレに2〜3日ベアリングをつけて置けばなんとかなるんじゃないかと思います。

早速テストですね!うまくいきましたら使用感等またレヴューさせていただきたいと思います。


パワーの劣るマシンでぶち抜くために必要なこと…

ずばり気概と根性。

なんだよ〜とがっかりする方も多いと思いますが、ご安心下さい!!僕もそっち側にいました。

チームヨコモさんのお二人が僕のマシン、つまり同じマシンを使って、いつもコンマ5秒くらい速く走る姿を見ていたら考えが変りました。

過去に、なかなかうまくいかず、パワーソースに頼ろうとした時に「今、そこに頼ってしまったら上達しませんっ!!」とお叱りを受けたこともありました。

思えばそこでその言葉がなかったらラジコンがつまらなくなってしまったかもしれません。僕にとって宝の言葉だったと思ってます。

スタワンのメカニックの天才の常連さんにもよく「根性よ!根性」と声をかけていただくのですが、最近その重要性をひしひしを感じております。

要はどれだけ握れるか

理論はいろいろあるとは思いますが、どれだけ最高速の状態を長くできるか、これが大事だと思います。

恐いと思う所でアクセルを開けられるか、やばいと思う所までブレーキを我慢できるか、 最終的にはそこでの勝負ということをスタワンの常連さんの方々から叩き込まれています。

アイルトン・セナの死が意味するもの!?

かの有名なF1ドライバーアイルトンセナは常にそこで勝負していたということは彼の死が物語っているのではなかろうかと思います…

まあラジコンは事故っても怪我することもないので思いっきり行きたいところですが、僕のような凡人は「やばいっ!!」と思った瞬間、懐事情が頭をよぎり、ためらいが発生します。イカンね…

ポジティブに考えるなら、そこで勝負できるくらいになれば、そんなにお金をかけなくともそこそこ走れるようになる!!そしたらもっと楽しいよね。

パワーソースはその後で考えても充分間に合うはず。気長に練習していきますよ!


何回だってやり直す!!!これかな?と思った操縦の仕方がまた違った…

チームヨコモさん達に3月に出していただいてた荷重コントロールの課題。難しくてまだものにできていません。今回の壁は自分にとったら富士山より高い感じです。でもこれを乗り越えればさらに何倍も!!!ラジコンが楽しくなると思います。

関連記事
今度の課題はブレーキによる荷重コントロールとためらいなくアクセル全開

そして前回の練習、進捗を添削していただきました。こんな感じかなと自分でイメージしてコントロールし、練習してきたわけですが、さあ結果は…

肝心なところで荷重が抜けている…。

またやり直しです。しかしながら課題を持って練習していると楽しいラジコンがさらに楽しい!!基本的に楽しいので何回でもやり直せますよ!

今回もチームヨコモのお二人に丁寧に指導していただいたので、イメージを修正することができました。次回の練習が待ち遠しい!!

今週末はスタワンはタミチャレレースなので、15:00〜16:00から一般走行可能です。

僕は基本的に17時までしかできないので雨が降らなければSRTもしくは袖スタに遠征したいところです。


前回のアレの結果は…

ボディポストに引っかからないようにボディに穴を開けたところ、動きがより軽くなったような気がします。

ボディはやはりLTC-Rが良く曲がり安定した性能を発揮しております。

マシン本来のロール特性を妨げるものを限りなくゼロになるようにマシン造りをしていきたいと思います。


ラジコンができて幸せです!!楽しすぎるよスタワンカップ【11回目】

いきつけのRCサーキットスタワンの月例レースに参加してきました。ダブルエントリーにもようやく慣れてきまして、今回はレース中にダンパーも組みなおすことができました。

好調をキープしているTRF417XでトライしたGTスポーツクラス。
予選 16L 3'10
決勝 夜間家族サービスの予定で慌てていたためリザルトを確認し忘れました…
Aメイン10位スタート 8位ゴール
ベストラップ11.6
予選1回目タイヤチョイスをはずし、曲がらずあせりましたが、適正タイヤで臨んだ予選2回目はよく走ってくれました。練習走行で曲がりに不安を感じたら迷いなく硬度を落とす!!覚えましたよ。

BD8で挑んだスタワンGPクラス
予選 16L 3'04.380
決勝 44L 8’04.930 アベレージ11.197
Bメイン5位スタート 4位ゴール(ブービー!!)
ベストラップ10.800

2週間前の良セットはゼロ!?状況は刻一刻と変る…

2週間前好調だったセットで臨んだんですが、状況は刻一刻と変るようで…レースというのはセットの探り合いでもあるということ認識しました。 シリコンのダンパーオイルが温度によって硬度がかわるので状況に応じて変える必要があるということをチームヨコモさんに教わりました。 それにしてもマシンの動きを見てピンポイントでここがまずいと指摘できるとは、プロのすごさをあらためて感じました。

また今回GTスポーツにもう一方のチームヨコモさんがバッテリーPRのため参加されていまして、決勝で距離にして1周半くらいですかね、一緒に走る時間がありまして(とはいっても別周回 汗)どこで差がつくのかよくわかりましたよ!

とにかく無駄がない!大変勉強になりました。でも少しの間だけど一緒に走れてうれしかった!!!スタワンにはこの方と一緒に走りたいと思う方がまだまだ沢山いらっしゃいますので夢がかなうように練習・研究するかいもあります。

スタワンのレースに出るようになって早いもんで一年近く経ちますが、これまで発見がなかったことは一度もありませんでした。スタワンの親切な常連さん方のおかげでラジコンの奥深さをあらためて感じております。



休日にラジコン好きな方々とともにラジコンを楽しめて、お土産にプロワイプと妻と娘が好きなサワークリームチップスターもらえて僕は幸せです。平和な時代に感謝です!


ついに完成!!プロトフォームLTC-R



毎度、ホワイト一色で申し訳ありませんが、プロトフォームLTC-Rが遂に完成しました!!

今回、ウイングはヨコモのごくらくではなくノーマルでいきますよ。

明日はニューボディでスタワンカップにトライ!!

ネット等でよく耳にするあの技の効果はいかほどか!?実際に試してみよう!!


只今、NEW LTC-Rボディ制作途中なのですが、よくネット等耳にするあの技を試してみようと思います。

その技とはボディをかぶせた時に上下にひっかかりなく動くようにボディポストの穴を開けること。ひっかかるとロールを妨げるとのことなので、今回引っかかりがゼロになるように穴の位置を微調整です。



これまでこういう基本的な技の効果が高かったことが多かったので今回も期待大です。


タミヤM07発売直前!!スムーズに移行するためのM05のポイントを再確認!?

スタワンの常連さんお二人のご好意でタミヤのチューンドM05を見せていただきました!

ステアリング周りに社外品のカーボン強化プレートを使ってらっしゃいます。どんなマシンもステアリング周りはカチッとするにこしたことはないと思います。

シャーシ上部の樹脂パーツは除去済。レギュレーションで規制がないのならなるべく軽くしなやかにということでしょうか。曲がりアップ&こけ対策は万全です。

M05のフロントアッパーアームまわりはガタが多く皆さん工夫されているようでした。

ダンパーエンドに長い樹脂パーツを使っておられます。これはストロークを増やすという意味合いでしょうか??要再確認ですね。

小さくて短いMシャーシ。基本的にホイールベースは長く、トレッドも広げてなるべくでかい車にしたほうがいいとの話を聞いたことがあります。その真相はいかに…

今月末、発売予定のM07の方向性の少しでも参考にしていただければ幸いです。

M05をまともに走らせられなかった僕ですが、参考にさせていただきます!!

関連記事
旧ミニクーパーをスタワンで走らせたら…

 

お二方のスタワン常連さんありがとうございました!


本日は急遽都合が悪くなりまして…

今週はラジコンお休みになりました…


先週撮ったモデのパワーを物語るアッパーアームがクラッシュでめり込んだ画像とともに失礼いたします。





にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ


コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





カテゴリー

アーカイブス

RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM