BD8 再セットアップ サスマウント&サスアーム


BD8のサスマウントとサスアームを取り付けました。

BD8のサスマウントは付属の樹脂製ブッシュを変えることにより取り付け幅を選択することができます。今回はスタワンのハイグリップ路面を想定して設定していきます。

フロントはFF(フロント前側)はB3in(※3の黒●を内側) FR(フロント後ろ側)も同様にB3in。

BD7ではフロントのサスマウント幅を43.5mmでコントロールしてましたが、BD8は良く曲がり運転がシビアになることが多いので少し幅を広げて44.3mmに。曲がりは多少犠牲になるものの運転しやすさを優先させます。

リアはRF(リア前側)A4out 42.3mm  RR(リア後ろ側)B5out 46.7mm トー角2.9

良く曲がる車は運転をミスるとリアが腰砕けになることがありました。砕けていいことはおそらく無いと思いますのでこちらも幅を広めにして安定させる目論見です。

続きましてサスアーム。本来なら新品交換したいところですが、コストダウンのため中古の物をそのまま使います。

ちなみにサスピンは新品交換いたしました。使い込んでいるためか、マニュアル通りのスペーサーだけではかなりガタがあるので、シムを追加してガタを除去いたしました。

フロント前側に0.2个離轡燹▲螢後ろ側には0.25mmのシムを追加でほぼガタなく、スルスルに動く状態になりました。

*



BD8 再セットアップ PCS(ピッチングコントロールシステム)

昨日はBD8のオプションである PCS(ピッチング・コントロール・システム)の調整をしていました。
 

ピッチングコントロールシステムとは

BD8のモーターマウントとサーボマウントをタイロッドで連結し、シャーシのねじれ特性はそのままに、ピッチング剛性を高めることが可能なキットです。タイロッドの有無、モーターマウントの取り付けビスの数を調整するなどで、路面状況に合わせてハンドリングを変更することが可能で、路面対応セッティング能力が大幅に向上しました。グリップの低い滑り易い路面から、ハイサイドを起こす様なハイグリップ路面まで、どこでもベストなパフォーマンスを発揮出来る様になります。

 


スタワンでは実際にこれをつけて走ったところ、ハンドリングよりも前に出るようになったような気がするのですが気のせいでしょうか??

ところでセンターに配置されているターンバックルの長さっていくつだったっけ…??メモってあるはずと思って探したところ…ありません…

仕方なくネットを検索していると…

出てきた良い記事が!!

この記事によるとターンバックル内側で12.05mmだそうです。

BD8 セッティングのポイント!PCS編 便利ですね。ネットは!!

ん、んん・これは…

いつもお世話になっているちゃちゃまるさんのブログではありませんか!!!!

今度お会いしたらお礼をいいましょう!

 

 


ポルシェ ターボ RSR 934 ブラックエディション!!久々にタミヤのRCモデル買いました


ポルシェ ターボ RSR 934 ブラックエディション!!久々にタミヤのRCモデル買いました!

ついに僕も憧れのポルシェのオーナーにっ!!

…1/10の大きさですが

満足です!!!

TA02SWとかなり前のシャーシですが、ロアデッキとアッパーデッキは樹脂ではなくFRP製!!!ここに一番惹かれました。

なんとこのモデルがおさまるバッグ付き。うーむタミヤ模型やりおる…



さらにさらにLEDユニットまでついてるとはやられました!

当分ラジコンは買わないと思っていた僕の心の壁をぶち抜かれましてポチりました。

妻には内緒です。ヒッヒッヒ…
 


方向性が見えたかな!?スタワンカップ【15回目】





昨日はホームコースのスタワンの月例レースに参加して参りました!昨年の9月以来のスタワンカップ、いやあ楽しかった〜!!

集合時間ものんびり、勝手もわかっているし、たくさん話もできます。さらに昨日はGTスポーツのみのシングルエントリーでしたのでリラックスしてレースを楽しめました!

かといってそれが結果につながるわけではございません…

Bメイン下位と結果は散々でした。敗因はタイヤチョイスミスですね。練習ではsweep36で絶好調でしたが、レース時、食いすぎて路面が上がり運転がしづらくなってしまいました。

またやっちゃったよ…何べんコレ繰り返すんだ。僕よ…爆

ベストラップは11.520とずば抜けて遅いわけではないのですが、ラップの粒がそろえられません。

ちょっと前まで11.5くらい出てればそこそこのとこまでいけてたのですが、一緒にレースを楽しんでいる方々が上げてきている!!!!

現在は11秒前半までもっていかないと勝負にならないようです。さすがはスタワンだ…

レース時は練習時の70%くらいしか手を使えないと割り切って、もう少し安定方向のセッティングに振る!!

これが昨日のお土産です。

これが一筋の光となってまた次回の楽しみになりました。まだまだぁぁ!!
 


本日はスタワンカップに参加しております



本日はGTスポーツクラスのシングルエントリー。のんびりとレースを楽しんでおります。

準備万端でしたが 予選1発目は不発!!

予選2回目頑張ります!

BD8 再セットアップ ベルトを貼りました


ストックだとかなり緩めにベルトを張るとよいとのことです。目安としてタイヤをつけてまわしたときに「ビヨヨーン」と遊びが出るぎりぎりまで緩めると僕は教わりました。

要はベルトを緩めに張ると駆動が軽くなるわけです。

ちなみにリヤのベルトはノーマルのベルトを張っていますが、切れたらオプションのローフリクションタイプのベルトを使ってみようと思います。


BD8 再セットアップ ベアリングの回転チェックは専用工具があると便利です


昨晩はデフやプーリーなどの主要回転部のベアリングをチェックいたしました。

ベアリングがゴリゴリしていないかはベアリングチェックスティックを用いて確認しています。

大きいベアリングは割りとライフが長いと思います。一番壊れやすいのは足回りのベアリング。

クラッシュでも壊れますし、そもそもBD8のフロントアップライトは通常よりも薄いタイプのもの使用していますのでここは確実にチェックしたいところです。

注油するものはAXON のCOREベアリングオイルです。

新品時はスタワンオリジナルのベアリングオイルを使う場合もあります。


親戚がラジコンをはじめました!!選んだ車種はタミヤ XB FJクルーザー

S__63389700.jpgS__63389699.jpgS__63389698.jpg

親戚がラジコンに興味を持ってくれまして、はじめることになったので車種選びに協力させていただきました。

公園で遊べて、道を問わずかつ実車ライク、組み立てとかは苦手なのでなるべく簡単なものというオーダーだったので僕も所有するタミヤ の組み立て済みのFJクルーザーをお勧めいたしました。


組み立て済のXBシリーズはクリスマスシーズンはRC専門店よりもamazonのが若干値段が安かったです。

正月に親戚の集まりがありましたので、僕のFJクルーザーも持ち込みましてRC OK!の公園で二台で走らせたところ…

さらに楽しい!!!!ととても喜んでもらえました!よかった〜

マブチの540ノーマルモーターに1400ニッカドで速度は出ないものの30分以上走るんですね。タミヤのラジコンはやはり良くできている!

原点に戻り、たまにはこうしてラジコンを楽しむのもいいもんです。


BD8 再セットアップが止まっていました


正月休みは家族と過ごす時間が多く、意外と作業できず。BD8の再セットアップはご覧のとおり止まっていましたが今晩より作業再開したと思います。

外コース用に組んでいましたが、サスマウント下のスペーサーをギヤデフの固ささえ変えればスタワンでもいけるような気が…

どちらにせよ今晩からまた楽しみです!


21.5Tツーリングで柔らかいギヤデフをテストしました


先日スタワンで走らせた21.5T仕様のTRF417X。これまでギヤデフはヨコモ10000番を使用していましたが、今回思い切ってAXONの1000番を入れてテストしてました。

コーナー立ち上がりの加速は犠牲になるものの、鋭いコーナーリングでタイムアップ!あまり速くない速度域のマシンでは柔らかいギヤデフオイルのほうが速く走れるのかもしれません。

ただ、タイムアップはしたものの僅差という感じですので、立ちがあるほうが好みなら固めのギヤデフオイルをチョイスしてもいいかと思います。

自宅で眠っていたTRF417Xですが、スタワンのメカニックの天才の常連さんにご指導いただき時間をかけて手を加えていって、信じられないほど良く走るようになったわけですが、その天才の常連さんが遠方に引越しをされてしまうとのこと。

教えていただいたことをベースにさらなるタイムアップを目指して研究していきたいと思います。いろいろお世話になり本当にありがとうございました!

関連記事
スタワンは人材の宝庫!!ほんとに楽しめる場所が見つかってよかった…



にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事





コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM