TA08のRTCの所感

RTCとはコーナリングなどでサスペンションが沈み込む際にトー角が変化するシステム。


TA08ではじめてRTCを体感しました。

しばらくRTCを機能させてサーキット走行した結果独特の走行フィーリングを得られるように感じました。

言葉にするならばより内側にマシンが行こうとするような感じですね。


ストレートも速くなるし1発のタイムが出るように思います。

ただ安定性が多少犠牲になるかなと。


自分のセッティング、運転の仕方だと犠牲になる安定性が上記のメリットを上回ってしまうようにも思いました。






まだ使いこなせていないということもありますがしばらくはまたRTCはオフにして走ろうかと思います。

もしかしたらTA08はロアデッキが柔らかくてRTCを存分に生かせてないのかもしれません。


ハイエンドマシンのようなかっちりしたシャーシに取り付ける場合、また話は変わってくる可能性もありますね。

そう考えるとアッパーデッキのついたTA08Rに期待値があがります。

週末のタミグラでその走りを見ることができるかも!楽しみです。

*