GPX-CL2 ボディテスト

明日のタミグラに備えて、先日ボディのテストをしてきました。

アウディ R8

ボディは手持ちのHSV、フェラーリ、新たに入手したアウディの三つです。

TA06

テストマシンはTA06.

まずはフェラーリで走り出し。モーターをGPX-CL2クラス指定の10.5Tに載せ変えました。

速度域がはやくなったせいか巻き巻きです・・・

リアのロールが少ないのかと思い調整しましたが駄目。

ウイングを一番ダウンフォースの強いものにしましたが駄目。

フロントのダンパースプリングをエクストラハードにすると若干増しになる程度。

何をやっても駄目です・・・

Cタイヤの中古を使っていましたが、それを程度の良い物にかえると・・・

見違えるような走り。見た目的にまだいけるかと思っていたタイヤがアウトだったんですね。

タイヤが重要ということをあらためて痛感しました。

アウディ スペアボディ

無難に走ったフェラーリですが、気になるアウディは噂どおりよく曲がります。

腕に自信があればこれを間違いなくチョイスしますね。

HSV

そしてHSV。このボディはあまり評判がよくなく。だいぶ前に購入しましたが使うのが今回がはじめて

最初で最後になるかもしれないと思いつつ走らせてみると・・・

いいじゃないですか!ストレート早いし、コーナリングがまろやかで安定感もナイス。好みな感じです。

明日はコースレイアウトによってあらためて選びますが、とりあえずはHSVで行こうと思います。

タイトなコーナーがおおければアウディ。巻くようならフェラーリ。明日が楽しみです!

*