復活のBD8!これだ!この感じ!あのセッティングを変えたらよく走った

 

Mシャーシでもあんなによく走るのにBD8が良く走らないわけがない!!!

M05にヒントを得てBD8の絶対的なグリップが足りていないことが判明いたしました。

そこで変更したのはなんといってもタイヤ。

 

オーナーさんにお伺いしたところZENの現在のトレンド(5月後半、気温は28度くらい)はラッシュの40にAXON(アクソン)/WA-HR-001/ダイナミック レーシング ディッシュホイール(ハイリブタイプ)AXON モールデッドタイヤインサート ソフト (イエロー) FOR TOURING CAR IM-TA-001を合わせたもの、この組み合わせは引っ掛かりが少なくお勧めとのことでした。

そしてこのタイヤのほかにスタワンでAOCチャンピオンの常連さんに教えていただいたアッパーアームの高さ、角度を調整。

さらに出走直前、念には念をとドルーブを適当に(計測せずに)伸ばしてみました。

すると…

これだよ!これ!!この感じ!M05を遥かに凌ぐ走りっぷり!!!!

多少無茶してもリヤが砕けることなく横に粘るのでガンガン曲げられます。

ストレートの伸び、ブレーキのかかり具合も申し分なく快適に走行できました!

久々にBDシリーズ本来の素性の良さを思い出せる走りができてとても楽しく過ごせました。

タイヤはもちろんのこと、セッティングの良し悪しでこんなに変わるとはまだまだラジコン楽しめそうです!!!

ドルーブに関して特筆すると、スタワンの路面がいい時に合わせたかなり詰め詰めのままでした…

コーナーをすばやくクリアするためにはリバウンドを減らすのも一手だと思いますが、路面状況は刻一刻と変わる… 路面に合わせて要調整!ですね。

なんだか今日は食わないなという日があれば伸ばすこととします。ちなみに走行計測したドルーブの値はサスアーム下でF4.1㎜ R3.7㎜とかなりびよんびよんの状態でした。これだとちょっと伸ばしすぎなのでF5.5㎜ R4.5㎜で次回テストですね。

この状態でスタワンリベンジだ!

*