そして久々にsweepの新品を購入しました



来週のスタワンカップに向けて久々にsweepの新品タイヤを購入。

今回は楽をしてスタワンのスーパースタッフさんが組んだ接着済みを購入!

タイヤの組み方は重要なのです。
*



新春!Cハブぽっきんいきました


Cハブの交換は写真のようにタイヤをつけたまま車体を立たせて行うとやりやすいということに今日気づきました。

走り始めはスタワンで



走り始めはホームのスタワンに来ました!本日も寒いですがスタワンのピットは暖房が効いていて暖かくラジコンを楽しめます!

本日は前回準備をしていて持ってくるのを忘れてしまった21.5T仕様のTRF417X。

初心に帰ってここからスタートです。

どっちのが速く走れる!?二つのセッティングの方向性を疑問に思う



昨日、ホームのスタワンで無事走り納めをしてまいりました。

その中で疑問に思ったことがありまして、昨日も記事にしたのですが、ソレックス28タイヤを使っていたわけですが、モールドの39MとLSの両方を試しました。

LSはスタワンの定番でもあり、実に運転しやすいです。一方39Mはピクピクな感じでシビアな運転になりました。

ただ、39Mの方がグリップ感があるんですよね。ストレートも速い。

LSは運転しやすいがタイムが出ない。

そこで疑問に思ったこと、それはどちらのタイヤを選んでセッティングを煮詰めていったほうが結果的にタイムが縮まるのかということ。

ちなみに昨日はヨコモ の山内さんがいらっしゃって、ここを39Mで走れと言われるのは厳しいが手立てがないわけではない。とおっしゃってました。

まずはタイヤのショルダーを瞬間接着剤で固めると。

ここはスタワンでいつもお世話になっているチームヨコモ のお二人にも機会があれば質問してみようと思います。

ドルーブを戻してラスト1パック



やはりまだかけて走れないのでドルーブ伸ばすとタイムが若干落ちますね

最後1パックドルーブを元に戻して走ります!久々のスタワン楽しかった!

次のパックはドルーブを増やして荷重コントロールの練習です



とても良く走ってると思いますが、次のパックはあえてドルーブを増やして荷重コントロールの練習です。

「かけて」走れるようになりたい!!

タイヤはソレックス28です



タイヤはソレックス28ですがインナーは39mで走ったところ運転が難しい感じでした。

ですのでインナーをLSに変えたら、いつもの感じで楽しく走れるようになりました。

今の所13.5Tのブーストで10.7。

こけやすいとの事前情報なので



いつもは全塗りのフロントのグリップ剤を8割ほどに減らしました。

さあどうでしょう!?

久々にホームのスタワンに遊びにきました



BD8 はまだ組み上がってませんが、我慢出来ずきました!

今日はBD7 2014とTRF417を走らせる予定です。

BD8 再セットアップ ビス二点止めカスタムでボディポストのずれを予防


ボディポストは長く走りこんでいるとポッチが折れたりしてフラフラになったりします。またポッチが折れていなくても遊びが多いのでずれます。

もしかしたらこの遊びが意外と重要だったりするのかもしれませんが、折れてフラフラなのはあきらかに良くないです。

その度に新しいボディポストを買うのもなんなのでビス二点止めにカスタムいたします。まずはポッチをニッパー等でカット。



カットできましたら、



ボディリーマー等できっかけをつくり、



ピンバイスで穴を掘り、タップを切れば、



二点止めボディポストの出来上がりです!よかったらお試し下さい。



にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事





コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM