ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディの塗装3



コツとしては薄く塗って乾かすを繰り返す。薄く塗ればドライヤーの風をあてると一瞬で乾きます。



途中ブラックが切れてしまいましたが、奇跡的に予備がありました!!過去の自分ナイス。

*



ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディの塗装2



夜間でもボディをさくさく塗り進めるために必要なものはズバリドライヤーと電源。

以前、風呂場で換気扇をつけてスプレーしたことがあるのですが、匂いがきつく人間の体に悪影響この上なさそうなので、必ず外でやります。

外に電源がないので延長コード 20m 屋外用を購入しました。これはホームセンターで3000円くらいで買いました。


ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディの塗装1



色をつけるまえに今回はちゃんとクリアーを吹きます。クリヤーを吹くメリットはマスキングの精度を上げることと、塗料の喰いつきをよくすることだと認識しております。


ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディのマスキング4



マスキング完成です。夜間でもある物を用意すればサクサク塗りすすめられます。


ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディのマスキング3



ヘッドライトが一番の難所でしたね。万が一、マスキングが甘くはみ出してもタミヤのプレペイントクリーナー(ポリカーボネート用)で修正できるので安心です。


ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディのマスキング2



マスキングテープの台紙の一部をカットすると位置決めしやすいですよ。


ポルシェターボ RSR934 製作!!ボディのマスキング1



夜間ですが一気にポルシェの塗装まで仕上げたいと思います。

まずはマスキング。ガイドに沿って切ればぴったりと合うという親切設計。

これはさくさく進みそうです。デカールは意外と多いな 汗


そういえば超軽量NSX使わなかったけど…


前回のレースGTスポーツクラスで超軽量ではなく、軽量NSXでもそこそこ走りましたね。

だいぶ涼しげな軽量NSXでしたけど…

超軽量は紙みたいに薄いのでちょっとでもぶつけるとへこむのです。

へこみながら走るリスクを考えるとコンマ1〜2秒落ちても軽量NSXの安心を選んでしまうのは歳かな?

豚の安心を買うより狼の不安を背負う。若者よ狼であれ。


アレとはコレ!!旧ミニクーパーを走らせたい


アレとはコレ。以前、フタバ産業で衝動買いをした旧ミニクーパーを走らせたくM05を復活させたしだいであります。

関連記事
秋葉原のラジコンショップフタバ産業でもう手に入らないと思っていたアレをゲット!!

この旧ミニクーパー、その時フタバ産業の店長は、タミヤのアフターサービスでステッカーなしの状態なら今後も販売するようだと言ってましたが、その後はどうなんでしょうか?


娘にいたずた書きされながらも完成させたマスキング。


なんだか愛くるしくなって…


ひとつだけ思い出にと残しました。


このボディのフィルムを剥がす宝の瞬間はたまりません。


さあどんな走りをするでしょうか!?


タミヤ超軽量NSXは貴重です!なので…


かけた部分もポリカボ板でつぎはぎして延命します。


シューグーとアルミテープのダブルで補強!

スタワンのGTスポーツクラス、GTエキスパートでは最強との呼び声の高いタミヤ超軽量NSXですが、軽量ライキリGTにあることをすると、路面によっては超軽量NSXを凌駕すると、GTエキスパートクラス常勝の常連さんに教えていただきました。こちらも近々テストしたいと思います。タミグラ・タミチャレではたぶんNGの技です。


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事





コメントやご質問等はfacebookで受付中です!



RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
くまのつりぐ

35GT-R.net