TA05復活

マシンを壊さないため低速でのRCエンジョイをモットーとしていましたが、
最近もう少しだけ早い速度域で走らせたいとの衝動を抑えられず
タミヤのセンサーブラシレスの10.5Tモーターを購入しました。

ですがよく考えたらタミチャレに月一で参加しているし、その度にセットを変えるのも大変なので
もう一台シャーシを用意しようと決意。オークションで中古の416や417の購入も検討しましたが
そっちではまってしまうとえらく散財する危険があるので、とりあえずは手持ちのTA05を使うことにしました。
TA05ブラシレス10.5T

TA05はセットが迷宮に陥ったまま眠っていましたので、
アッパーアームの長さや高さサスマウント等はTA05IFS‐Rのマニュアル通りにしました。
プーリーは36Tのままで足周りは説明書通り416のものに換装。
TA05ブラシレス平積み
レースに出るつもりはありませんがシャーシをさらに削りアンプの向きを変えてケーブルが最短になるようにしました。
左側のウエイトが減ることで少しでもウエイトバランスを整えたいとの思いもあります。

TA05ダブルカルダンドライブシャフト
足周りを416のものにしたことによって今までのユニバが使えないこともあり
TA05にもダブルカルダンドライブシャフトを入れてみました。高価なものですが
ハイエンドマシンを買うことを思えば安いものです。

速さにもなれていないのでとりあえず前後ボールデフ仕様で
ダンパーはF400ミディアムショートスプリング R400ミディアムスプリング
スタビ フロントミディアム リアソフト
車高前後 5mm リバウンドは測っていませんがわりと多目です。
ボディNSX2005 Cタイヤ中古
こんな感じで走りました。

結果・・・予想外によく走ります!現役の時より全然よく走ります!!!
右側にバラストをつまなくともなんの違和感もありません。
走らせていてほんとに楽しい感じです。
TA06もこのくらい走ってほしいと思うほどです。

迷宮から抜け出せてよかった・・・

*



タミチャレ@稲毛ガレージT&F vol.4

稲毛ガレージT&Fで行われた第四回目(公式戦2回目)のタミチャレGTCに参加してきました。
TA06タミチャレGTC
シャーシはいつものTA06です。

タミチャレBMW
ボディは手持ちのBMWで行きましたが他の参加者の方々はフェラーリやアウディが多かったです。

TA06ダブルカルダン
セットは特に変更点はありませんが、ダブルカルダンドライブシャフトを投入してみました。
朝の時点ではワンウェイを入れて走行しましたが、ぐいぐい曲がる感じで、かつ失速感がありません。

これはすばらしい!

ただ・・・若干!?腕がついていかないような気がしたので安全策をとってフロントをボールデフに換装。
好みのマイルドな感じに仕上がりました。

■予選1
今回は新品タイヤを投入。これで一日回します。
スタート直後!またやってしまいました・・・クラッシュに巻き込まれ・・・
フロント左のCハブとアップライトを骨折。前回に引き続き秒殺リタイヤ・・・
前回の教訓を生かし!?スペアパーツは用意しておきましたよ。

■予選2
スタート珍しく抜け出し、1周目はトップで帰ってきました!
うれしさのあまり2周目の最終コーナーのお椀を踏んで自爆。グリッド落とします。
その後は淡々と走って5位フィニッシュ。ベストラップはいまいち伸びません。
タミチャレリザルト

■決勝
スタートはきれいに行けました。ポジションも好位置をキープ!
ですが・・・2分過ぎまたもや同じお椀を踏んで自爆。
再びフロント左アップライトを損傷。リタイヤ・・・

■総括
ダブルカルダンドライブシャフトのマニュアルに干渉を避けるため
アップライトの一部を削る指摘がありルーターで少し削ったわけですが
これが強度を若干落とし割れやすくなっているのかもしれません。削り過ぎは厳禁です。

今回いろいろなバッテリーマネージメント試みるべく放電と充電を繰り返しました。
リフェバッテリーをハイペリオンで1セルあたり2.5Vまで下げて放電してみると
結局のところ5.4V付近で残量が0%になり放電がストップ。カットオフ電圧まで達しません。
そして少し熱をもっていました。そこからELANで7Aで一気に充電しますが30分かかっても
充電が終了せず、ELANユーザーならわかると思いますがトロトロ入れているところで
強制終了し、レースで使いました。

ベストラップは前回よりあがっているものの、いまいちパンチを感じることができませんでした。
まあバッテリーが古いというのもありますがもうちょういなんとかしたいものです。
放電のし過ぎがよくなかったのか・・・そもそも放電しないほうがいいのか・・・
次回はカットオフ電圧を1セルあたり2.7Vに設定して、充電もきっちり終わるようにして、
放電有り・無しとの比較テストをしようと思います。

ちなみに過去ベストラップを出したときは一旦満充電をして300〜400mAh抜いて再び満充電。
要は二回目の充電の時にベストな感じに仕上がったという感じです。これを目安にしていきます。


タミグラ@五反田TOC

五反田で行われたタミグラ東京大会に参加してきました。
初の五反田開催とあってどんな会場かわくわくドキドキです。
到着してみると・・・

タミグラ五反田

広い!空調がいい!キレイ!の三拍子。
前回の横浜大会もきれいでしたが、こちらのほうがレース観戦もできるしとても気に入りました。
これからここでタミグラを楽しめるとはかなりうれしいです。
今回のレースはMフリークにエントリー。参加人数も多めです。

そして・・・どーん!
prospec elan
NEWアイテム!巷で話題のPROSPEC ELAN充電器を投入です。
昨日手に入れたものでテストはしていません。実戦テストですね。

前回の練習で最低重量が1300gになっていることに気づくことができず、
ウエイトを追加する件ですがこちらも実戦でのテスト。
M05
100g近いウエイトをのせるスペースがここしか思い浮かばず
今さらビスをかえたりアルミパーツにする時間もなかったのでこれでよしとします。

■練習走行
新品タイヤをはいての走行。足回りのセットは銀バネを使用したいつもの感じです。
ボールデフはTRFデフループを使用。限界まで締めこんでいます。
巻きもせず、わりとよくまがります。好感触。

■予選1
練習走行で使用したタイヤをそのまま使いました。
直線、コーナーの立ち上がりもいい感じです。ELAN効果か!?
ただ人間がちょっと固め。何度かからんでしまい
9周を2:09.845。総合で39位。

■予選2
ド新品タイヤを投入。よくフロントは中古を使ってマイルドにするとよいとの話がありますが
自分は鈍感なのか新品でも中古でもあまり変わらないような気がするので新品を履いています。
スタートダッシュで抜け出すもののすぐに追いつかれ5〜6番のポジションに。
ですが今回は肩の力が抜けてコーナーを割と丁寧に丸く回れました。オーバーランも少なめです。
10周を2:08.717。総合で17位。

■決勝
Bメインの7番グリッドからのスタートです。
去年の10月に組んだタイヤを使用。一応新品。
スタート直後からんで最下位に。前方でのからみがあったために少しポジションを戻し8番手に。
予選2回目と同様に自分なりによく走れました。そのまま8位ゴール。

■総括
prospec elan充電器ですが、なかなかいい感じ。
古いバッテリーをつかっているわりにはパンチもそこそこに出たような気がします。
引き続きホームコースでテストしたいと思います。
ウエイトはバッテリーの上で問題無かったようです。
というかむしろあの位置のがよかったんでしょうか。一日を通して一度もハイサイドしませんでした。
インフィールドでのアクセルワーク。やっと自分なりのスタイルをつかめそうな感じです。
言葉で表現するならまあるく丁寧にやさしくって感じですかな。

■おまけ
今回妻も一緒にタミグラフレッシュクラスで出場してくれたんですが、このマシンがとても気にいった模様。


近く公園でTRF501Xを走らせる予定があるので購入を検討するとします。

おまけついでにタミヤ、KO PROPOの新製品の展示がありましたので掲載します。
ジュンワタナベ
zozoタウンのデザイナーさんが作ったホーネット。

タミヤ新製品
屋根の低いミニクーパー

KO PROPO EX-1
KO PROPO EX-1 
オプションでステアリングをスティックタイプにすることができます。新たなる試みですね。
持たせてもらいましたが非常に軽量。角ばったデザインもナイスですね。
プロポを新調しようかと考えたこともありましたが、自分はレスポンスがどうこういうレベルにないと
気づき4PKノーマルを継続使用中です。それでも十分すぎるほどです。 
次回のタミグラも楽しみですな!

M05がとことん巻く

タミグラの準備でM05を走らせてきました。
今回は土曜日のMフリークのみのエントリーです。

M05
今回は前年の積み重ねたデータがあるので確認程度に走らせるつもりでしたが
いざ走らせてみると・・・

なんということでしょう。まったく別の車のような挙動。
超クイックというかまともに走りません。

フロントサスを固めてみると巻く症状は軽減しましたが
それでも気を抜くと急に方向が変わってこけたり巻いたり。
とてもレースにはなりません。ついに迷宮入りです。困りました。

よくいっしょになる方に去年とまったく同じ状態に戻してみてはとのアドバイス
をいただきどこをかえたか振り返ってみると・・・

軽量化??重量バランスが大幅に変わった??・・・そんなことはない
あとは・・・でふ、デフ、デフ!!!!
そういえばピンクグリスでかなり固くしたことを思い出しました!

案の定デフを元に戻すと普通に走るようになりました。
固めりゃいいってもんじゃないんですね。勉強になりました。

これで準備は完璧!
といいたいところですがウエイトが1300gになっていることに気づきました。
100g足りません・・・さてどこを太らせたもんか。


タミチャレ@稲毛ガレージT&F vol.3

稲毛ガレージT&Fで行われているタミチャレの第三回目に参加してきました。
TA06
ボディは今回から指定が変わったため、手持ちのBMWを使用。
今回は参加者が自分を含めて5名。まったりな感じで進行していきました。

■予選1回目
台数が少ないにもかかわらずスタートでつまづきます。
どうも最近スタートがうまくいきません。
淡々と走っていたら前のかたがこけていて2〜3番手まで上がりましたが、
最後のほうで自分もこけました。アナウンスでも「もったいないですね〜」
まさにそのとおり、集中力がたりません。

■予選2回目
スタートでやっと抜け出せたとおもいつつイン側の壁にヒットでCハブ破損!!
3秒でリタイヤです・・・
Cハブ折れる

■決勝
4番グリッドでのスタート。
終始4番グリッド。全車特にからみもなく平和にゴール。
集中力はなんとか続きました。
リザルト

■総括
決勝でのパンチの無さを痛感しました。これはおそらくスタート時間が変わり
バッテリーの充電が終わってから時間がだいぶたってしまったためだと思われます。
トリクル充電はかけていましたが、パンチ維持という意味合いでの効果はあまりないような気がします。
充電はレース直前に終わるようにするとします。


TRF501X完成

昨年のタミアフェアで叩き売りされていたTRF501Xがついに完成しました!
やばいくらいかっこいいです!近々公園デビューです!
TRF501X


タミチャレ@稲毛ガレージT&F vol.2

先日稲毛ガレージT&Fで行われたタミチャレの第二回目に参加してきました。
TA06タミチャレ仕様
セッティングは前回のタミグラとほぼ同じです。フロントのダンパーのオイルを400に変えたくらいです

■予選1
スタートすぐに激しいクラッシュ。見事巻き込まれ最下位に。
その後はミスなく走れました。

■予選2
またもやクラッシュ!どうしても抜け出せない感じです。

稲毛タミチャレ
■決勝
今回はAメイン7番グリッドからのスタートです。
訳あって13台での走行。かなり楽しみ!わくわくしました
。 スタート直後三度クラッシュ!またも最下位に。
その後は淡々とレースをしました。



■総括
結果は9位フィニッシュ。
決勝では8分間で3〜4ミス
スタートでいかに抜けるかが課題ですな。
ベストラップは11秒284。自己ベストに近い値です。自分としてはよく走れました。
リザルト


M05メカレイアウト再々変更

 昨年は良く走ってくれたM05。感謝の意味をこめてメンテナンス。
各部をチェックしてみるとサーボセイバーとステアリングワイパーを結ぶ
両ねじシャフトがひん曲がっていましたので交換。
ステアリング周りにダメージがあると見てシャフト系は交換しておきました。

あとアンプを今までとは反対側に積んでバランスをとりました。
M05ブラシレス搭載
今まではシャーシに干渉するため横向きに積んでいたアンプですが
干渉するシャーシ部分をリューターで削りきっちり載せました。
M05アンプシャーシ干渉

あとは全体的にドリルで穴あけ追加で軽量化。ここまでいくと相当な愛着が沸いてきます。
今年はMシャーシクラスはブラシモーターにニッカド指定の予感が・・・
もしかしたらあまり出番はないかもしれませんね。ツーリングがんばります。


タミグラ横浜@日産グローバル本社ギャラリー

先週の土曜日、初めて横浜で行われたタミヤグランプリに参加してきました。
会場は日産グローバル本社ギャラリーでカーペット路面の特設のコースです。

タミグラ横浜
会場はとてもスタイリッシュできれいなショールームでした。
毎回こんなとこでできたらいいななんて思います。
冬ですが空調も完全でまったく寒くありません。


■練習走行
狭いコースなのである程度曲げて行かないときついかなと思いCタイヤをチョイス。
前後ミディアムインナーの中古で。
タミグラは当たりも強いかと思いフロントにボールデフをチョイス。
リアのトー角3度。ダンパーはF400ミディアム R400スプリング。
スタビ前後ソフトで走りだします。
曲がり方はだいぶいい感じですが、リアが若干巻きます。


■予選1
フロントソフトインナー、リアミディアムのCタイヤ新品で。
フロントのダンパーオイルを500に変更。
走り出した感じでは巻くことはなく申し分ない車の動き。

スタート後すぐ混戦から抜け出しました。
弱アンダーなので緊張し手が多少震えてもだいじょうぶです。
ヒート2位でゴール13周を2:05.804。
たしか総合で17〜19番手くらい だったと思います。
TA06

■予選2
タイムアップを図るため、フロントのインナーもふたたびミディアムに。 前列スタートです。
前後ミディアムインナーでも巻きません。ちなみにタイヤは前後新品です。
うまい感じで抜け出せトップに。だがしかし2位の方の追い上げが激しく
なんとかブロックしてトップゴール。
14周を2:08.397総合で9位の位置につけました。

■決勝
Aメイン入りは逃したもののBメインのポールからスタート。
すぐ後ろのグリッドには先ほど苦しめられた方がポジションされています。
なかなかおもしろいレース展開になるとワクワク。
GTRワンメイクBメイン

セットは予選2回目と同じですが、ここで新品タイヤが在庫切れ。
フロントだけ予選2回目で使ったものにしました。

スタートで絡むことなくポジションをキープできましたが やはり先ほどの方の猛追があります。
しかしこの方非常にクリーンかつフェアな走りをされています。
無理にぬこうとせず、ぴたっと後ろにつかれています。
デッドヒート!中盤までポジションをキープしていましたが
一瞬インがあいた隙を差されました。

差されていうのもなんですが素晴らしい抜き方です!
たくさんのギャラリーの歓声がおきました。
その後お椀を踏んでゴロンちょ。1ミスの間にひとつグリッドを
落としてそのまま3位でゴール。

■総括
今回のレース今までで一番たのしかったかもしれません。
抜かれてですが、自分が絡んでお客さんを沸かせるなんて
はじめてだったのですごくうれしかったです。

またフェアなレースを展開して予選から一緒に走っていただいた
あの方にも感謝です。とても勉強になりました。
いつか私もあのような走りをしたいものです。

車も今回いい感じに走ってくれました。
Cタイヤはどうやら新品の方が良いみたいです。

また次のタミグラも楽しみです!
ありがとうございました。


タミチャレ@稲毛ガレージT&F vol.1

行きつけのサーキットガレージT&Fで行われたタミチャレに参加してきました。
参加者は21名。2ヒートにわかれて予選を行います。

タミグラ前というのも重なってサーキットは大盛況。満席でした。
ほぼ同じ速度域での走行がおおかったため練習走行もかなり楽しい感じです。


練習走行でのベストラップは11.380


アベレージも11秒台で落ち着いています。

予選一回目第一コーナーの激しいクラッシュ!最下位に落ちました。
そのあとは目立ったミスもなく11人中7番手ゴール


結果はいまいちですがあいかわらずマシンはよく走っています。
ただ最初のクラッシュで駆動ベルトがはずれたためはずしていた
ベルトテンションバーを装着しました。

予選二回目
またもやクラッシュに巻き込まれましたが、すばやくリカバリ。
このヒートはけっこう使い込んだタイヤをチョイス。
中古のほうがグリップするような気がします。
3番手ゴール。


決勝はBメインのポールポジションからです。
Bメインとはいえポールからのスタートは緊張します。
グリップが高くなっていると判断しダンパーのダイヤフラムの
上にスポンジをのせてみました。若干コーナーでの失速感がなくなった
感じがしますが、正直違いがあまりわかりません。

タイヤも試しに新品に近いものを選んでみました。
結果として中古の方がマイルドで運転しやすいのかと思います。



決勝スタート直後にクラッシュ。二位にポジションを落としますが
目立ったミスはなくそのまま二位でゴール。
マシンは良く走っていたと思いますが、緊張のせいかベストラップは伸びませんでした。
大きなミスが無かったので、自分としては納得です。とても楽しめました!


Aメインの決勝を観戦しましたが、とてもレベルの高いレースでした。
Aメインは普段10秒台のタイムをたたき出す方もちらほらいらっしゃるとのこと。

走行ラインも非常にきれいでマシンの動きも格段に良い感じです。
すごく勉強になりました。 いつかあのような感じでレースをできるようになりたいものです。

さて次は週末の横浜タミグラ。とても楽しみです。



にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事





コメントやご質問等はfacebookで受付中です!



RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
くまのつりぐ

35GT-R.net