夏休み in 谷田部アリーナ TRF417X編

前回の続きです。TRF417Xを取り出しスポーツコースにイン。
走ってみるとタミグラの時と同じ感じです。

まがらないのでフロントのスプリングをミディアムに。
曲がりはこれでオッケーですが、若干リアのグリップが希薄な気がするので、
試しにリアのミディアムのスタビを外してみました。

だいぶいい感じです!

リアのスタビがあるのとないのでは、ある方がコーナーの立ち上がりなどにふらつかない
ふらつかないので安定したまま直進していける。
ですがグリップが低くと巻く場合はスタビが無いほうが良い時もあるようなので、
状況に応じて外したり太さを変えたりすべきですね。

Cタイヤのテストもしましたがこの日の谷田部のスポーツコースの路面ですと
ミディアムだとキュッ・キュッと鳴いてよくグリップしています。
ハードだと音がなくなりグリップ感が薄れるような気しました。

まあまあのとこまで来たので続きはまた来年のタミグラ前に詰めようと思います。

TRF417X 谷田部アリーナ

さてメカを載せ替えてモデファイ仕様に!ここからがメインイベント!

ところでモデファイクラスのギヤ比はどれくらいなのか?
ふと疑問に思ったのでお店の人に聞いてみると、恐れ多くも
ヨコモのワークスのメカニックの方を紹介していただきまして。
ギヤ比はもちろんのことモデファイをはじめたばかりということを伝えると
アンプの設定なども親切に教えていただけました。
タミヤ車をつかっているというのになんと心が広いのでしょう!
次はBD7行くしかないな。
ちなみにギヤ比はモーターやアンプ等でも変わるみたいなんですが8.5付近がよいとアドバイスを受けました。

早速コースイン。
アンプの設定がきいているのか前回とは比べ物にならないくらい走らせやすい!
さすがワークスのスキル!

続いてスプリングをHPIの新ロットのシルバーに変えてコースイン。
自分のスキルではRIDEのスプリングに比べてさほど違い感じられません。
この辺は時計をみつつ比較すべきでしょうが、残念ながらポンダーを所有していません。
まだそのレベルに達していませんw

速さにもだいぶ慣れてきて、ストレートでは全開近くまでスロットルを開けられるようになりました。
このスリルはたまりませんね!

気持ちよく走っていたのですがラスト1パック巻くようになってピットに戻ると
さきほどのメカニックの方が車を見てくれました。ほんとに恐縮です。
先ほどリアのスタビをはずしてそのままだったので、フロントよりも細いものをつけるのと
リアの車高を5.4mmにして一段寝かすと良いとのことでした。
ここでタイムアップ。

やはりサーキットに行くと良いことありますね。
ワークスメカニックの方、紹介してくれた店員さんありがとうございます!
楽しいラジコン夏休みをすごせました!

JUGEMテーマ:電動RCカー


*



夏休み in 谷田部アリーナ TA06編

先日、少し遅めの夏休みをとって谷田部アリーナに行ってきました。
TA06 谷田部アリーナ
アウディR8軽量ボディを新調しコースイン。無難に走るので3パック程でTA06は撤収。
TRF417Xを取り出しタミグラの復習をすることにしました。
夏休み in 谷田部アリーナ TRF417X編に続く〜

だがしかし、この車に重大なセッティングミスがあることにこのときはまだ知る由もなし。
後に出場する千葉長柄タミチャレで思い知らされるのでした。
初歩的なことでちょっぴり照れくさいんですが、それも近々書きます。お楽しみに〜

JUGEMテーマ:電動RCカー



タミヤの東京ホビーショー2013の気になる新製品

東京ホビーショー2013 発表新製品リストが発表されましたね。
http://www.tamiya.com/japan/cms/newstopics/2408-hobbyshownewitem.html

TRF418も正式発表。
http://www.tamiya.com/trf/content/view/1611/191/

それ以上に気になるのがイグレスの再販!
実は私、当時の物をボロボロの状態ですが所有しています。
いつかレストアしたいなととっておいたのですがついに来た!
アフターでパーツを買えることを祈ります。

CC-01 アルミオイルダンパー(4本)
すっかり展示用になっているCC01のHONDA CR-V。
もう一度大地を駆け巡ることができるかも。

まだくるかM05!
M05 アルミリヤサスマウント(1°)
M05 アルミカウンターウェイト
M05 セッティングサスアームセット(Fアッパー)
Mシャーシカーボンボディマウントメンバー

ショート!?
TB-04PROに同梱されるTRFダンパーショートを使うためのものなのでしょうか?
TA06 カーボンダンパーステーフロント(ショート)【仮称】
TA06 カーボンダンパーステーリヤ(ショート)【仮称】

これは試してみたい!
TA06用軽量フロントダイレクトカップ【仮称】

取捨選択を迫られることは必至ですが、イグレスのパーツはぜひともなんとかしたいです。

JUGEMテーマ:電動RCカー

TRF418&新型セルマスター

早くもTRF418が12月に発売されるとの噂。
ネット上ではもう予約を受け付けをしている店がありました。
事実ならば9月のホビーショーに出展されると思うので見にいこうと思います。

あとマッチモアがCell master double accelなる新型充電器を開発中とのこと。
こちらは正式発表はまだ一切ないのでなんとも言えませんが2系統の充電ができるようです。

TB04、TRF418、セルマスター、気になるアイテムが目白押しですね!
個人的には新型セルマスターが一番気になります。

JUGEMテーマ:電動RCカー



TB-04 PRO シャーシキット

TB-04 PRO シャーシキットが発売になるようですね!
TB-04 PRO シャーシキット
詳細はTRFのサイトに出ています。
http://www.tamiya.com/trf/content/view/1602/191/

モーター横置きのシャフトマシンはどのような走りをするのでしょうか?
少し物欲を刺激されています。
JUGEMテーマ:電動RCカー



タミグラ全日本東京ビッグサイト

東京ビッグサイトで行われたタミグラ全日本東京大会に参加してきました。

タミグラ東京ビッグサイト
こうみると丁寧に塗られたボディはかっこいいですね!自分のは一色なので掲載しません。

ビッグサイト特設カーペットコース
東京オートスタイル内にタミグラエリアが設けられていました。
めずらしくタミヤの物販コーナーがあり、マイカブルースプリングや
デーカルなしの軽量NSX、アウディのボディ等、魅力的アイテムがありましたね。

TRF417X
TRF417XでTRFクラスに挑みましたが、歯が立たず久々に14人参加でビリケツになってしまいました。
腕が足りないのはもちろんですが、もうちょっといけるかななんて思っていたので悔しかったです。
くやしい思いをしたので、いつも以上に原因究明スイッチが入りました。
というわけで得るものがたくさんありましたので、いずれ試したいと思います。
悔しさをバネにステップアップしていきますよ〜!

せっかくの東京オートスタイルとのコラボイベントなんで気になった車をご紹介!






























JUGEMテーマ:電動RCカー



千葉タムタムでTRF417X

千葉タムタムでTRF417Xを走らせてきました。
千葉タムタムで417X
タミグラTRFクラス仕様でギヤ比をMAXにしましたが、タムタムではインフィールドがもたつく感じですね。
腕もありますが、もう少し立ち上がりがよくなるとよいですね。
タミグラではコースレイアウトを見て調整したいと思います。

レーシングウイング2も試しましたが予想どうりの強いダウンフォース。
強すぎてコーナリングに違和感。タムタムはグリップが良いので必要ないかと。
やはりグリップの悪い路面で活躍すると思われます。

いよいよビッグサイトでのタミグラ。
週末が楽しみです!

JUGEMテーマ:電動RCカー



7/27・28全日本選手権東京大会申込状況

7/27・28のタミグラ全日本選手権東京大会申込状況が発表されてました。

7/27申込状況

GPX-TRF

15名

GPX-CL2

20名

GPX-CL3

46名

GPX-F104

59名

GPX-M

41名

タミグラフレッシュ

21名



7/28申込状況

レーシングマスターX

47→42名

ツーリング☆タミグラ

83→72名

タミグラ☆ヤンチャ

15→14名

FFTC J-Tour2013

48→41名

Mフリーク

66→56名

Dokkiriウイリー

48→43名

ユルバギ

36→35名



土曜日はエントリーが少なめですね。

JUGEMテーマ:電動RCカー

NSX2005にレーシングウイングセット2

久々にNSXを塗りました!
タミヤNSX2005
今回これといった装飾はほどこしていません。視野性を高めるため蛍光オレンジにしてみました。
最近はボディに下地としてエンジンカラーのクリアーを吹きます。蛍光色は特に食いつきが悪いので効果は絶大。
マスキングミスもおこりにくくなるのでおすすめです。

NSX
フロントマスクのデカールは裏張り。
NSXはエアダクトの部分等クラッシュするとすぐにステッカーがボロボロになるので
なるべく長持ちさせたいという思惑です。

NSX ARATA
ボディー下部はブラックで塗装しましたが、塗る順番的に黒が一番先なので通常、スプレーする場合には
すべてをマスキングして黒の部分だけを露出させるようにしますが、手間と時間がかかります。
そこで、万年塗料皿などに黒のスプレーをして液体化させ筆塗します。
そうすれば少しのマスキングで済むので時間を短縮することができます。
黒ならば何度か重ね塗りをすれば、むらはほとんど気になりません。

レーシングウイングセット2
今回新たに発売されたレーシングウイングセット2を購入しましたが、うわさ通りでかい!
強力なダウンフォースを得られそうです。これで路面の悪いタミグラカーペットも怖くない!?
 

JUGEMテーマ:電動RCカー

 

 

 

 


気になるアイテム

タミヤより気になるアイテムが発売されていました。

■TA06 スペーサー一体型フランジパイプ(4.5mm×3.5mm)
TA06 スペーサー一体型フランジパイプ(4.5mm×3.5mm)
○TA05、TA06、TRF417等に使用されている4.5×3.5mmフランジパイプと0.7mmスペーサーを
一体型としたパーツです。
○一体型とすることで、ガタの軽減と整備性をアップ。
○表面はフッソコートを施し、摺動性も良好です。
これは便利!メンテするときにいつもころがっていくあいつともおさらばです。

■レーシングウイングセット2
レーシングウイングセット2
○「OP604 レーシングウイング」とはコンセプトが異なるウイングです。
○より垂直面が際立つ形状で、高さ、コード長も細かく調整できるようカットラインが追加されています。
○ストレート、ラウンド(ストレートよりコーナリング時の過渡特性が緩やか)の2種が付属。
○ステーはこれまでと同様のJ部品が1セット入ります
ラウンドタイプはかなり大きいようで速度域の早いマシンでは有効か!?

■ギヤデフ用ガム
ギヤデフ用ガム
○ギヤデフ内に封入する粘土(パテ)です。
○通常RC用として販売されている物に対して別素材の原料を使う事で、今までに無い硬さを実現。
○製品はロール状ではさみ等で適当な長さに切って使用。約3mm大の大きさに丸めギヤデフの中に入れます。
今までにない硬さとは限りなくダイレクトに近いってことですかね?固めのギヤデフオイルより
扱いやすそうなので機会があったら試してみたいとこですね。

■アウディR8 LMS ニュルブルクリンク24時間レースハードタイプボディパーツセット
■ミニクーパーS 2006 ハードタイプボディパーツセット
アウディR8 LMS ニュルブルクリンク24時間レースハードタイプボディパーツセット
○厚みをノーマルの1.0mmから1.2mmに変更したハードタイプボディです。ステッカー等も付属します。
○ノーマルボディよりも強度が高く、RCビギナーの練習用としても最適です。
○多台数同時走行のレースシーンでもマシン同士の接触による、不意のボディ変形を抑える効果があります。
注目すべきところは3つ目。重量を犠牲にしてでもアウディのリヤの巻き込みを回避できるなら・・・
要テストですね。
 

JUGEMテーマ:電動RCカー

 

 

 

 



にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事





コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM