BD7 2014 ブラックシリーズ 恐るべし・・・シェイクダウン

先日BD7 2014 ブラックシリーズのシェイクダウンをしてきました。
BD7 2014 ブラックシリーズ
前評判通り、素晴らしいほどのポテンシャル!特にコーナーの旋回速度がすごい!
わたくしぐらいのレベルでもわかるほど。TRF417Xと比較しましたが、雲泥の差。
417Xが全くセットが出ていないのかと思うほどBD7 2014 はよく走りましたね。

しかしながらTRF417Xもはじめて買ったハイエンドマシン。
思い入れもあるマシンなので、今後そっち系は2台体制で煮詰めていきたいと思います。

*



BD7 2014 ブラックシリーズ

念願だったBD7 2014 ブラックシリーズをついに購入しました!
このマシンは速さも定評がありますが、アルミパーツが黒で統一されているという美しさもあります。

黒のアルミパーツのマシンが出たらどこのメーカーでも買う!と決めていたので
しかもそれが、高性能のBD7ということなので即決でしたね。

BD7 2014 ブラックシリーズ

今年はこのマシンとともに走り込みます。
谷田部のグランプリコースが2月の大雪で天井が落ちたとのこと。
一日も早い復旧を願っております。


TRF418サスアーム&スタビをTRF417Xに

TRF418サスアーム・スタビライザーを417Xに移植しました。
TA06に移植した結果、良好な感触でしたが
高速域ではどのような効果があるのか楽しみです。
TRF418サスアームを417Xに

TRF418サスアーム

418足を417に
ついでにカワダ SK70 バッテリーパッド・ゼロスリーを貼り付けました。
薄くてよさそうです。これでバッテリーもずれないことでしょう。


トヨタ86

昨年末のタミグラMEGA WEB用に用意したトヨタ86です。
残念ながら抽選にはずれてしまい参加できませんでしたが
また今年開催されるようでしたらぜひ応募しようと思います。

タミヤ トヨタ86

タミヤ 86

86 RC

タミヤ トヨタ 86 ボディペイント


イグレスのレストア

あまり良くない状態で保管されていたイグレスをレストアしました。

■ビフォー
イグレス

イグレスマニュアル

イグレスフロントアップライト

イグレスフロントバンパー

イグレスリアセクション

イグレスリアアップライト

イグレスウイングステー

■アフター
イグレスNEWボディー

イグレスレストア

イグレスレストア2

イグレスレストア3

思ったよりもコストがかからず、きれいな状態になりました。
金属系のパーツで汚れがこびりついていたものはWD40に一晩つけ置きしました。
ロアデッキは旧式のものなので、現行のバッテリーは搭載できません。
ディスプレイモデルとして眺めて楽しみます。



谷田部のオフロードコースが人工芝になるそうです

2015年IFMARオフロード世界選手権レースの開催が正式に決定した
谷田部アリーナのオフロードコースが人工芝になるそうです!!

うちにもTRF501Xがあるように実はオフロード結構興味あるんですよね。
ただネックだったのがマシンが汚れること。

メンテ不精の私にとってはそれが壁になってオフロードコースを
走らせることはなかったんですが、谷田部に行くと飛んだり跳ねたり
しているマシンをみて楽しそうだな〜うらやましいな〜と感じていました。

そこに飛び込んできたニュース。
やるしかないですね!

http://ameblo.jp/yatabe-arena/day-20140115.html


TRF418サスアーム&スタビライザーをTA06に移植

念願のTRF418サスアームをTA06に移植しました。
フロントサスアームは形状が異なるので、サスアームを2.5mm前方に、
ダンパーエンドピロボールを1mm前方に移動しました。
ショートリバサスと418サスアーム比較

このスタビライザーリンクを使いたいためにTRF418アームをチョイス。
TA06にTRF418サスアーム

早速、近場で実走しましたが、レスポンスフィーリングはショートリバサスと
比較するとさほど違いはありません
TRF418サスアーム&スタビライザー

リアにはスパーギヤと干渉してしまうため418のスタビは使えず。
TA06にTRF418リアサスアーム

ちなみにCハブ及び、前後のアップライトはこれまでのものを使用しています。
TRF418リアサスアーム

形状がシンプルで見た目的にも好みの感じになりました!


ヨコモ YZ-114SP

ヨコモ YZ-114SPを引き取っていただきました。
ヨコモ YZ-114SP

ラジコンを始めたころに買ったものです。
安定化電源いらずでコンパクト非常に重宝しましたね。

思えば安定化電源もいらないし荷物も軽くなる。
原点回帰で現行モデル欲しくなっています。
この充電器の後継モデルは10A充電も可能のようです。

友人がマッチモアのハイブリッドAC/DCバランスチャージャーを使っていますが
こちらもコンパクトかつ高性能。安定化いらずのおすすめです。


フタバ 4PK スーパーR

フタバ 4PK スーパーRを引き取っていただきました。
4PK スーパーR

長年連れ添ったフタバとついにお別れです。
4PKから4PKスーパーRに変えた瞬間レスポンスの違いを感じとることができました。
4PKでも十分なレスポンスですが、さらにもう一押しあります。

レスポンスについてはプロポを変えた瞬間違いを感じ取ることができますが
使っているとそれが当たり前になるんですよね。

レスポンスやデザインに文句のつけどころがありませんが
絶対的ユーザー数が多いSANWAプロポを使ってみたくなったため放出しました。

M12は売れているせいか価格が安く売っているお店がありました。
4PKスーパーRを予想よりも高く下取りしていただいたので、ほとんど追加料金無く買い替えることができました。

最後までほんとに優等生だった4PKスーパーR
どうもありがとう!


谷田部アリーナ走行会

久々にラジコンの友人達と谷田部アリーナに走行しに行きました。
谷田部M05
持ち込んだのはタミヤブラシレス10.5T仕様のTA06と同じく14.5T仕様のM05。
この日はビッグレースを控えていて出場される方の邪魔しては申し訳ないので417Xはお休みです。

家庭の事情で18:00には帰宅せねばなりませんがこの日は15:00から激しい渋滞予想。
友人たちも似たような境遇なので事前に話し合って14:30は撤収しようとのことになりました。
ですのでオープンの9:30から楽しめるのは約5時間。

これが意外とよくて、無駄なく走るためにテキパキ準備。
短期集中スポーツコース、グランプリコースを効率よく走りまくり!
時間は短めでしたが、とても充実して内容になりました。
思い切ったスケジューリングのおかげで渋滞もなく17:30には帰宅できました。

さて今回は主にTA06を稼働。
しばらくぶりにダンパーをメンテしたTA06がとてもよく走ってくれましたね。
M05はニューボディーのミニ JCW クーペを積んで走りましたが、
形状から予想されるとおりの低重心で安定性は増したような気がします。
タイムは測ってないので早いか遅いかはわかりませんでしたが楽しく走れました。

谷田部ドリフトイベント
楽しいといえば・・・
となりでドリフトのイベントが開催されていましたが、ものすごい走行台数!
写真に写っている操縦台付近にいる方々、全員プロポ握ってます!
2.4G恐るべし!
ドリフトも楽しそうですね。



にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事





コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM