ボディのフロントのバタつきを抑えたことで得られたメリット

先週の練習、
ウレタンバンパーの厚みを変えて
ボディのフロントのバタつきを
押さえてみました。

関連記事
0.01秒でも削れるようにと祈りを込めて!!ウレタンバンパーの厚みを変更



すると直進安定性がアップ!!
とくに21.5T仕様のBD7 2014で仕様している
KAWADAの超軽量GT-Rはノーズが長いので
その効果が顕著に現れました。



こういう細かいTIPSの積み重ねが
好タイムにつながっていくと信じて
これからもできること
探していきますよ!!
*



今週は完バラできません…3つのおまじないで済ませます

走行後、毎度
完バラできれば良いのですが
なかなかそうもいきません。

今回は、時間もかからずできる
3つのおまじないをかけて済ませます。

まずはドルーブ。
アーム下で測ってますが、
走っていると微妙に
ずれてくるんですよね。

DSC_0072.jpg

次にスタビの効き具合。
効きを揃えます。

関連記事
スタビライザー

最後にダンパーのオイル補充。
ここは色々試してみたんですが、
やはり走らせる当日にやるのが
ベストですね。

1日経つと、
油圧が変わってしまうのか
車高も変わってました。

アッパーデッキを緩めて締めなおす
ツィークの矯正は、
1パック走行後に毎回行うので、
あえて3つのおまじないには
いれていません。

プロポを新しく買い換えなくてもだいじょうぶ!5分で反応速度を上げる裏技

トリガーのブレーキ側に
スポンジを貼って遊びをなくしました。

ここの遊びはアクセルから
ブレーキへの切り替えの時
ごくわずかなタイムラグが
出ると思うんですよね。

ちなみにKOのEX-1はデフォルトで
ビスを緩めることによって
ここの幅が変えられるようです。
素晴らしい造りですね。



手軽に出来て、気に入らなければ

すぐ元に戻せますので
ぜひお試し下さい!


使いまわしは2回まで!?インナーを再利用してタイヤ代を節約!!

最近タイヤ代がかさんでいるので、
少しでも節約すべくインナーは
再利用しています。

関連記事
現在ラジコンで一番お金がかかっているところ…それは



スタワンでおなじみのLSインナーは
潰れやすく、2度目以降は
グリップ感が変わってしまうため
1度しか使わないという方も

いらっしゃいますが、

自分で実際テストした結果、SOREXでは
2度目の使用も問題ありませんでした。

SOREXはライフが短いため、
大丈夫なのですが、

sweepは長持ちで50パックでも
走れるという場合もありますので
インナーは一度きりでかえようと
思います。


ええ!?たったこれだけのことでこんなに変わるの!?BD7 2014不調の原因を特定

前回のスタワンカップで
快走したBD7 2014ですが、

今では貴重なアイテムとなった
超軽量のNSXを練習で使うわけにも
いきませんので、

同等の重量である
kawadaのGT-Rにのせかえたところ
まったくタイムが出なくなりました。

関連記事
21.5T仕様のBD7 2014が伸び悩んでいます…ボディかな!?タイヤかな!?

絶好調のBD7 2016とは対照的に不調に陥った21.5T仕様のBD7 2014

ついにきたか!?手ごたえアリ!!!スタワンカップ【4回目】


そして、前回の練習でついに
その原因を特定することができました。
それは…



はい。ボディの高さです。

ノーズの低いGT-RはBD7 2014の
ノーマルダンパー仕様だと

ダンパーステーが当たってしまって
ボディを下げられないんですね。

スタワン最速スタッフさんに話を
聞いたところボディの搭載位置が
高いと動きももっさりして
きびきび走れないとのことです。

わたしはショートダンパー用の
ステーにしてあたらなくしましたが

スタワンの店長さんに、
ダンパーステーがあたる部分の
ボディをカットしてしまえば
よいと教えていただきました。

たった数ミリのボディの高さで
こんなに変わるとは奥が深い。
いやあラジコン楽しいな。



いったい誰と闘ってるの!?一歩先行くライバルたち!?いーえ…本当の勝負の相手は…

いったい誰と闘ってるの!?
一歩先行くライバルたち!?
いーえ…本当の勝負の相手は…

 


自分です。

 


レース中にふとこんなことを
思ったりします。

「一人抜けば表彰台…」
「予選2ヒート目で挽回しなくては…」
「残り10秒!!もう一周行きたい…」
欲をかくとだいたい

失敗するんですよね。

そしてこんなささやきをしてくるのは…
誰でもない…そう自分自身です。

己に勝つためには…

いったいどうしたら??


メジャーリーグで活躍する

かの有名なイチロー選手は
こんなことを言っていたそうです。
 

努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、 僕はそうじゃない。 努力した結果、何かができるようになる人のことを 「天才」というのなら、僕はそうだと思う。 人が僕のことを努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。


ベテランの選手は特権で、

早めに練習を切り上げて
家族との時間を楽しむことができる。

だが、球団キャンプ施設に残って、
単打からの本塁生還、二塁打からの

本塁生還、最後はランニングホームラン

で締めくくる走塁練習を

一人黙々とこなす

イチローの姿を偶然見かけ

 

辛口で知られるニューヨークの

ジョエル・シャーマン
記者も感嘆したとのこと。

世界最高峰の運動能力を持った男でも
正確で無駄ない動きに磨きをかけるには
何百時間と練習を繰り返す。

 

ヒントはそこにありそうです…

 


サーキット走行前日にするべき7つのこと

サーキット走行前日にしておくと
すぐに走りだせる7つのことをご紹介します。

サーキットに着いたら
すぐに走り出したいですよね?

本来なら走行直前にしたほうが
よいこともありますが
簡単にご紹介いたします。

1.ダンパーオイル補充&引きダンパー組み
スーパーエキスパートの方々は走行前にちょちょいとやってしまうのですが
私は時間がかかるので前日に済ませます。

2.ドルーブ調整
走ってると微妙に狂うので調整します。
車高が合わなくなってきたらここを疑いましょう。

私はダンパー・スタビを外した状態で調整します。

アーム下に車高ゲージを入れて計ります。

ダンパー・スタビを外すついでにサスアームの動きが渋くないかも確認してます。

3.スタビ調整
動き出しが狂っていないか確認。


関連記事:スタビライザー
DSC_0376.jpg

4.アッパーデッキ締め直し
クラッシュすると歪みます。

ですからアッパーデッキを一度緩めて矯正します。

これは当日も走行の度にしたほうがいいでしょう。

5.ベルトテンション確認
新品のベルトは走行すると伸びますので要確認です。

6.車高調整
サーキットで実際に使うタイヤをつけて調整します。

私はF4.5mm R4.6mmのように細かく調整します。

けっこう時間かかるので前日にしてしまいます。

時間がかかるようなら0.5刻みでの調整でも良いかと思います。

7.キャンバー調整
私には基準の角度があり、まずそれで走ります。
路面を見て当日再調整します。

DSC_0377.jpg

おまけ
タイヤのサイドウォールも瞬間接着剤で貼りなおしたほうが良いのですが
ノズルが勿体ないのでこれは当日で良いでしょう。
これも走行の度にマメにやります。

完バラメンテができなくても
これでだいぶよく走ると思います。
自己流ですので参考程度にどうぞ。

 

 

 

JUGEMテーマ:ラジコン


準備万端にしてレース前日はダンパーオイル補充くらいで済ませたいところです

レースまでの理想としては

前日までに完バラメンテが終わってる。

前日ダンパーオイル
継ぎ足し&引き組みしなおし。




そしてレース中は
セッティング変えることなく
タイヤ貼りなおし程度でよく走る!!

まあ理想どおりにいかないから
きっと楽しいんですよね…

明日は久々のレース。
今夜はきっと
楽しみすぎて眠れない!!



曲がったチキンバンパーを10秒で元に戻すスゴ技があった!

クラッシュなどでひん曲がった
チキンバンパーをライターで
軽くあぶって曲げてさますと…

あら不思議きれいに元に戻ります。

※サーキットや室内でライターを
使う場合クリーナー等の引火には
充分気をつけましょう!
曲がったチキンバンパーを10秒で元に戻すスゴ技

チームヨコモのスタワン常連さんが
その場で考えてくれました。

チームヨコモの常連さん二人には
お世話になりっぱなしです。


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事





コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM