成田NEXTサーキット!!!いいところが見つかりました



先日、成田空港近くの成田 NEXTサーキットで走行して参りました。NEXTサーキットで走行するのは初めてということで不安でしたが、店長さんの懇切丁寧なタイヤ等のご説明及び、スタワン9秒台の常連さんの同行のおかげでひと安心です。



タイヤは外コースで使用率の高い、勝手知ったるRUSHに、インナーAXON ソフト (イエロー) でいけるとのこと。まず9秒台の常連さんがコースイン。中古タイヤを履かれてましたが、帰ってくるなり中古でこれだけ食ってくるとは楽しすぎると感動のご様子。

期待を膨らませて僕もコースインすると、曲がらない、ブレーキに違和感、アクセルオンでリヤ腰砕け…

ははー。そうきたか。でももうあせることはありません!こういう時は大概ドルーブ不足によるグリップ不足。ドルーブ量を0.5个眇ばせばばっちりなはず!!



予想通り足を伸ばしたら快走!!!速いスピードでも自由自在!!!マシンが思い通りに動きます!!!こりゃたのしいです。

経験が役に立ちましたが、朝10:00スタートで足を伸ばすことに気づくのに15:00までかかったのは内緒の話ですw

NEXTサーキットはエンジンと電動の混走で、電動ツーリングカーですと常連さんは13.5Tのブーストで楽しんでいる方が多く、エンジンカーもだいたい同じくらいの速度域で走行されていました。 これだけの広さがあるので、13.5Tのブーストマシンでもアクセル全開の時間が長い!!!

最初は13.5Tで走らせていましたが同行していただいたスタワン9秒台の常連さんがシングルターンを積んでいたので、久々に僕も積んでみましたが、モデでも充分楽しめるほどのサーキットの大きさだと思います。



ただ僕はモデのパワーは慣れないので、ターボ・ブーストの値を控えめに。ギヤ比やKV値も同様に設定。ストレートでふけきらないくらいで丁度よかったです。

試しに9秒台の常連さんと同程度にターボを入れたら速すぎて怖い。ビビッて全然握れません。9秒台の常連さんはグリーンパークでモデで走りこんでいるだけあって躊躇なく握っていました。うーむ、さすがです。

モデでも楽しいのですが、13.5Tのフルブーストのが握れるので僕は次回はもう一度13.5Tもやってみようと思います。

ちなみに空いている日・時間帯はF1等のマシンで楽しんでいる方もいらっしゃるようで、店長さん曰くモーター等の制限は無いとのこと。状況を見てロースピードのマシンで楽しむことも可能だと思います。



外コースでもこれだけのグリップを確保できるのでめちゃくちゃ楽しい!!見学させていただいた時に光るものを感じましたが、自分の目にくるいはなかったと思います。

三車線の東関道成田インターから10分ほどとアクセスもよく、サーキットの駐車場も沢山あり、道中コンビニも何件かあり食事に困ることもありません。

ZENサーキットに引き続き、割と近くにとりあえず二つの良質なサーキットがあるとわかってうれしいかぎりでございます!

それにしても、NEXTサーキットでも思わず見とれしまう走りをされている方が多くいらっしゃってどこのサーキットでも上手な方が沢山いる、世の中広いもんだな〜と感じました。RC道、まだまだ先は長そうです!

R/C Shop NEXT WEBサイト
http://www.rc-next.jp/

*



さっそくですが本日成田NEXTサーキットに遊びに来ました



本日も絶好のラジコン日和です!

ヨコモ MONTECH RACER ボディをテストしてきました



前回のZENサーキット訪問時、このところ出番の多かったプロトフォームのType-Sボディが痛みが酷くなってきたため予備として控えていたヨコモから発売されているMONTECH RACER(モンテックのレーサー)にチェンジしテストしてみました。

タイプSに比べて曲がり方が穏やかなためやとても運転しやすい。イージードライブをしたいときはレーサー。ガツンと曲げたい時はタイプS。レーサーも選択肢のひとつとして使えると思いました。

今回、僕はレーサーのノーマルウエイトを使いました。というのもレーサーの軽量(ライトウエイト)は66gとプロトフォーム社製でいうところのプロライトに近い軽さで、ノーマルがどちらかというと軽量と同程度の軽さだからです。

タイプSも僕はプロライトではなくライトウエイトを使用してきました。

プロライト(超軽量)はどういう状態の路面で使うべきが把握できていないので今後はそれもテスト課題のひとつとしてすすめていきます。

あと今回、感じたのはボディも重要なセッティングパーツのひとつ。亀裂が入っているような状態だと本来の空力性能が損なわれるのか走りがシャキっとしません。逆に新品のボディはそれだけでもキレが出るような気がしました。

僕は基本お豆腐ボディ(白単色)なのでここはマメに交換していきたいと思います。


成田 NEXTサーキットを見学させていただきました!!



この日は別件で近くまで来たのでラジコンは持って来ず。見学だけさせていただきました。

路面は1年前くらいに引き直したとのことで物凄く綺麗です!!!

写真から伝わればいいのですが、サーキットはとても広く、関東にこのクオリティのコースがまだあったとは驚きです…

めちゃくちゃ楽しそう!!!

店長さんにお話を伺ったところ電動カーも全然大丈夫とのこと!とてもご丁寧に色々説明して下さいました。どうもありがとうございます!

次はラジコン一式積んで遊びに行きたいと思います。

R/C Shop NEXT WEBサイト
http://www.rc-next.jp/


なるべく費用は抑えたい!!!自分流タイヤマネージメント方法



RCで一番お金がかかると思われるタイヤ。新品タイヤがタイムが出やすいというサーキットが多くあると思われます。

ぼくの一番最寄りのZENサーキットでもまた新品タイヤでタイムが出やすくなったおります。毎回新品を履ければ問題がないのですが、お財布事情がそうはさせません。

ちなみにZENサーキットでの使用タイヤは夏場はRUSH40(冬場はまだ未経験ですが28くらいまでタイヤコンパウンド柔らかくするのかな??) ホイールはAXON WA-HR-001 ダイナミック レーシング ディッシュホイール、インナーはAXON モールデッドタイヤインサート ソフト (イエロー) IM-TA-001、ZENサーキットのショップで購入することができます。

サーキットに行くペースがだいたい平均して月2回、そのうち1回は新品を履かせたいところですが…

ただZENサーキットでのテストの結果、クリーナーの銘柄によって若干ではありますが中古タイヤのグリップを回復できるということがわかりました。

KURE(呉工業) ブレークリーン (560ml) はゴムを溶かす作用が強いのか、このクリーナーでタイヤを拭くとペタペタし若干グリップ力を回復すると思われます。回復するとはいっても、タイムは新品のコンマ3〜4秒落ち。

自分のマシンだとすべることはないがタイムはでず、遊ぶには問題ないかな〜といった感じです。

ただご注意いただきたいのが、ブレークリーンはロング缶、普通缶で成分が少し違うとのこと。ロング缶にはタイヤを冷やす成分が含まれているので普通缶(560ml)のほうがよいと思います。

あとZENサーキットでは制限はありませんが、他のサーキットではこのブレークリーンが使用禁止のところもあるようなので、確認をしてから使用した方がよいでしょう。

中古タイヤの日はタイムは期待せず理想のラインを通す練習と割り切って遊ぼうかと思います。


実戦投入されたサンワM17を至近距離で目撃!


サンワのニュープロポM17をサーキットで見かけたので触らせてもらいました。

写真などで見た感じ、デザイン的には自分の所有するM12のほうがいいなと思っていました。

しかし実際に手にしてみるとコンパクトで軽量、液晶もカラーで素晴らしい…

そう遠くない将来、手にしているだろうと直感的に感じました。

その直感が正しいかどうかは定かではありませんが、魅力的な新製品が市場に出てくると嬉しくなりますね。

本日ZENサーキットに遊びに来ました



天気も良くラジコン日和です!

さよならスタワン!!!【最終回】終わりは新たなる始まり



スタワンでは、下は10代、上は60代までの方と年の差に関係なく共に楽しむことができました。ラジコンという好きなものが一緒なので年の差があっても話が合います。

また世代ごとのラジコン以外の面白い話も沢山聞けたのでそれも印象に残っています。話をすることもサーキットの醍醐味のひとつと言えるでしょう。

レースが好きな人、タイムを追っかけるのが好きな人、作るのが好きな人、楽しみ方・マシンや仕様が違えどもラジコン好きが集まるサーキット。忙しく生きる現代人にとって約束もなくサーキットに行けば楽しめるなんて最高だと思います。

スタワンで過ごした時間本当に楽しかった!!レースで最下位になった日も、ぶつけてマシンを派手に壊した日も、楽しくなかったことは一度もありません。

また次回が楽しみだなと思う日々が続きました。

そういう楽しさを教えてくれたのがスタワンだったので無くなってしまったのは非常に残念ですが、 終わりは新たなる始まり。

この先もまた何処かのラジコンサーキットで楽しんでいけたらいいなと思っています。

どうもありがとうございました。


さよならスタワン!!!【その6】タミグラで舌打ちされたあの日から始まった…



最終日、僕のラジコン活動の原点ともなった恩人の方も家族でスタワンに遊びにきてくれました。

出会いは今から11年ほど前のこと、ラジコンを始めた頃、右も左もわからず、友達もおらず、一人で参加した浅草ROXタミヤグランプリ。記憶はあいまいですが、よくわからず、いきなり代表権のあるレースに出てしまったんだと思います。

うまく走れず、一緒のヒートの方にぶつかって舌打ちされ、クラッシュでアンプがとれてしまいました。(※現在はタミヤの全日本開催日も同日にタミグラフレッシュ等の初心者クラスがあるので初めてでも安心して参加できます。)

気持ちも沈み、両面テープや工具がなく途方に暮れていました。

棄権してもう帰ろうか…それとも勇気を出して誰かに頼んでみようか…悩みました。

その時被せていたボディがR32スカイラインブルーメタリックに塗ったGT-R。

GT-Rがまだ走りたいと言っているような気がしたので勇気を出して隣のいた方に助けを求めました。

その隣にいたのがこの恩人の方。この方は快く両面テープを分けて下さり、ど素人の僕のバッテリーまで充電してくださいました。

この方があの時助けてくれなければラジコンを楽しさがわからず、すぐに辞めていたかもしれません。

スタワンにはこの方と、この方の友達、当ブログにも時折協力してくれるM君が連れていってくれたのがきっかけとなりました。

関連記事
続・きれいはかっこいい!!特設会場のタミグラでもここまでいけます!!モダン追充電源もご紹介

あの時、勇気を出して本当によかったと思います。ラジコンをやろうと思った、か細い衝動が、色々な人たちとの出会いによって自分にとってかけがえのない楽しみになりました。この場を借りて導いてくれた方々に御礼申し上げます。

続く…


関西方面の台風、北海道の巨大地震

関西方面の台風、北海道の地震、共に被害が広がっているとの情報を聞きました。
被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
1日も早い復旧をお祈りいたします。



にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事





コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM