ミニッツのボディを開けたら

誇りがびっしり!


メンテのやりがいがあります。まずはダストフロワーで誇りを吹き飛ばす!
*



谷田部アリーナラウンドレース

谷田部アリーナで行われたラウンドレースに参加してきました。
クラスはツーリング17.5T。

BD7
17.5Tのレースは3回目でマシンについては勝手が少しづつわかってきました。

ですが走らせ方は試行錯誤。
もうワンランク上の走りを求めて視点を変えてみることにしました。
速く走らせるには、車より少し前方を見た方が良いとの情報をきいたことがあるので
試してみましたが、全然ラインが定まらず結果的に魚雷寸前の動きに・・・練習で試すべきでした。

それよりもトップ集団の車のラインを見ているとじつにきれい。
なるべく直線を増やして加速している感じが見受けられました。
予選3ラウンド目、いつもどおりの視点でラインを意識して走ると、今までより2周多く回れ
15秒台をきれなかったベストラップも14秒台前半に。
やはりラインですな。視点はにわか仕込みではなく練習が必要のようです。

谷田部アリーナラウンドレース

結果はDメイン3位でしたが少し速さが出てきたので満足です。
それにしてもAメインのトップグループの走りはうっとりするほどかっこよく速い!
あんな走りができたらもっと楽しいだろうなと感じつつ帰宅の途につきました。

yokomoグランプリ

初めて谷田部アリーナで開催されているヨコモグランプリに参加してきました。
セルマスターレジェンド
参加クラスはツーリング。
ギヤ比が3.0以上で17.5Tノンブースト規定です。

ヨコモグランプリ
初めての参加で情報がなく、モーターの仕様をなやみましたが、
上位の方はとりおんのM2の13mmローターを使用されていたとのこと。


参加者は少なめでしたが、YRSクラスが一番盛り上がってました!

リザルト
結果はBメインの4位でしたが、最後はバトルすることができて楽しめました。
備忘録として、グリップ剤は塗ってから10分くらい放置して液体がなくなった状態で
ウォーマーをかけるとグリップが上がるような気がします。
バッテリーの充電は直前までしてるとパンチが全然違いますね。
ピタリとレース時間に合わせるのは難しいですけど、レース直前に充電アンペアが下がってきたら
そこでやめちゃってもいいと思います。放置時間が長いとパワーが下がるような気がしました。

ヨコモグランプリ記念写真
お土産に記念写真をもらいました。機会があればまた参加したいです!ありがとうございました。

1

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事




コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM