アッカーマン&バンプステア

BD7やTRF417等の一般的な
ツーリングカーの場合
ステアリングブリッジのスペーサー量
を増やし進行方向に向かって
タイロッドが「ハの字」すると
切れ角の差(アッカーマン)
が少なくなって
マイルドな特性になる。
雑誌等でTRFの前住選手が
増やすことで失速感が出て
曲がるようになるとの記載があるが
マイルドになりラインに乗せやすく
つまりは曲がりが簡単になる
=曲がるようになる
と個人的には解釈する

ステアリングブリッジのスペーサー量
減らし進行方向に向かって
タイロッドが「逆ハの字」すると
切れ角の差(アッカーマン)が
多くなってクイックな特性になる。
こちらも雑誌での前住選手は
減らすことで失速感が
少なくなり、曲がらなくなる
とのことだが、クイックな特性は
曲がりが難しくなる
=曲がらなくなる
とこちらも個人的に解釈します。
タイトなテクニカルコースで
有効になることもある。

2mmを標準に増減。

バンプステアはステアリングロッド
先のフロントアップライトに入れる
スペーサー量で調節。
スペーサーを入れていくと
コーナー後半で曲がるようになる。

※セッティングカテゴリーの記事は自分用のメモのようなものなのであしからず。
 
JUGEMテーマ:電動RCカー

 
*



1

にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事




コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM