ブログホーム セッティング BD8 M05 TRF417X BD7 レースレポート ボディデザイン ラジコントーク
*

よーし!だいぶ握れるようになってきた


前回の練習から仕様変更。BD7 2016を13.5Tブースト、BD8を17.5Tにいたしました。BD8はアッパーデッキの形状が変更されたPCSを搭載したのでだいぶギヤ比がとりやすくなりました。それでもギリギリあたるのでモーター缶を留めている細長いビスのヘッドを少しだけ削りました。


こちらは17.5Tのアクセルロガー。きれいに握り上げていないところと、ブレーキが強すぎるのが要修正ですね。スーパーエキスパートさん達と比べるとまだまだためらいがある…

関連記事
今度の課題はブレーキによる荷重コントロールとためらいなくアクセル全開



13.5Tは久々に好調!いつものごとく新9秒台の常連さんに追いかけていただくと決まって好タイムがでます。自己ベスト付近の10.430まで来れました。少し感覚がつかめて来たような…来ないような…

 

関連記事
9秒台の領域に辿り着いた猛者がまたひとり誕生!!その瞬間のお話を伺ってみました

 

13.5Tの目標は10.200!年内には到達したいところです。今回もスタワン楽しかったー!






ふらっと立ち寄ったラジコン屋さんでまた奇跡



近くに来たので、いつもの船橋フタバ模型に立ち寄りました。ラジコンショップに入ると心癒されるんですよね。あまりに心地よくいつも長居してしまうので、今日は気をつけます。

軽く店内を見回して、最後に出口付近のヨコモコーナーをチェックすると…

なんと前々回折ってしまった絶版品のBD7 2014のショートショック用のダンパーステーが売ってるじゃありませんか!!しかも半額以下で!!ミラクル!!

そういやモーターマウントにクラックが入ってあきらめかけた時にもフタバ模型さんに助けてもらいました。

関連記事
ダブルショック!!!マシンの点検をしてたらモーターマウントが割れていた…

船橋フタバ模型
http://store.pro-s-futaba.co.jp/



スタワンで折ってしまって困っていたところ、いつもお世話になっている常連さんからご好意で、もう使わないからと同じものをいただいたんですか、その時にBD7 2014のこれは折れやすいとの情報ももらったので迷わずゲット!!絶版品は迷っちゃ駄目ね。

これでまたがんがん握っていくぞ!

セッティング変更



17.5T仕様のBD7 2016のスプリングを20ミリから22ミリのものに変更。

リヤのダンパーエンドをフロントのものに変えたら車高がとれるようになったので、ダンパーステーはノーマルです。

BD7 2014のモールドインナーの件



先週の練習でてこずったBD7 2014のモールドインナーの件ですが、チームヨコモの常連さんの助言どおり、ロングダンパーに戻したら解決!!!モールドインナーでもこけなくなりました。さすがプロ!過去のモデルもしっかり面倒みてくれます。

関連記事
BD7 2014であえて定番をはずして遊んでみる

僕は小心者なので、念には念を入れてフロントキャンバーを0.5度まで立てグリップ剤も半塗り。これでまずハイサイドすることはなくなったんですが、曲がらない…

スタワンの肝である通称Pコーナーで曲がってこないとタイムでないのです。

結果、モデのパワーを活かしきれず、ベストは10.6。13.5TのBD8のコンマ3秒落ち。

課題は一応クリアしたのと、スーパーエキスパートさんたちがSOREX28では意外とLSインナーで走られていたのでもうLSでもいいかなと。RCもファッション同様、トレンドの移り変わりは早いようです。

まあフロントのキャンバーどこまで寝かせられるか見てみるのも楽しそうなのでもう1回モールドでがんばってみますかね。


BD7 2014であえて定番をはずして遊んでみる

昨年末からヨコモZEROブラシレス21.5Tを搭載していたBD7 2014のモーターをヨコモRP4.5Tモーターに載せ替えて走らせています。

昨年下半期は13.5Tのブーストの値を上げて走らせていたので、モデでも全然いけるようになっていました。もちろんアンプの設定はブースト・ターボともにカットで、パンチ等もゼロにしています。



モーターを載せ替えただけでセッティングは21.5Tのままですが全然よく走ります。スタワン常連のスーパーエキスパートさんからモデでタイムを追うならインナーはモールドの方がいいよとの助言をいただいたので試してみることに。

スタワン定番のSOREXにLSインナーだとこの速度域だとタイヤに面圧がかかって、グリップが逃げてしまうので、タイムが出ないとのことなんです。

 

そこで自宅で眠っていたSOREX28 ヨコモ39Mインナーで走ってみると、確かにストレートの伸びが違います。ただ激しくハイサイドするのでコーナーで握れません。結果として全然タイムがでません。

スーパーエキスパートさんにみてもらうと、どうやらセッティングを変えないと厳しそうとのこと。BD7 2014はショートダンパーがよろしくないようで、ロングダンパーに戻す宿題をいただきました。短くすればいってもんじゃないんですね。

次回もう一度モールドで走ってみます。ダメならあきらめて、LSに戻そう…今、スタワンではインナーの入れ替えが流行しております。次回だめなら僕もやります。

 

ラヂコンもんちぃ
新品タイヤ組むか→約3000円・・・家族で外食できるな(汗)。という思考回路からの解放

 

BD7 2014は3年前のモデルになりますが、まだまだ楽しく遊べます!
 


信じられない好タイムは嘘か真か





前回のスタワン練習、
一発!?それとも飛び(誤計測)!?
10.240が出ました。
ほんとだったら大幅に自己ベスト更新
ですがなんか怪しい。

まあこのくらいのタイムがちゃんと出る
ように練習していきますよ!

ちなみにスーパーエキスパートさん達は
タイム気にしないそうで。

車の動きと如何に毎回同じところ通れるかをチェックしてるとのこと。
流石です・・・

準備が間に合わずスタワンカップは欠席…本日は自宅でラジコンいじり!!

 

近々カーペット路面で

走らせる予定があるので

本日はのんびりBD7 2016を

アルミシャーシーに換装します。


ご飯もラジコンも腹八分目で。

本日スタワンで練習でした。
弁当男子なんとか二週続きました。


ご飯もラジコンも腹八分目。
最近では16時半に走行をやめて
早めに帰ります。
これで翌日に疲れを残しません!

スタワン練習!Team Bomber BD7 2016用 HQリヤダンパーステーやっとテストできました

今回もスタワンでの走行楽しかった!!
やっぱラジコン最高ですね。

さて、Team Bomber BD7 2016用 HQリヤダンパーステーですが
新作のスプリングと合わせてやっとテストできました。

関連記事
スタワンは人材の宝庫!!ほんとに楽しめる場所が見つかってよかった…




結果、申し分ないリヤのグリップを確保できました!
この日は路面が良くもなく悪くもなくという感じでしたかね?


ですがベストラップが10.570と
自己ベストのコンマ1落ちまで到達できました。

ノーマルのダンパーステーに戻して比較テストできれば
尚、良しだったんですが、そこまで手が回らず…
またの機会に再度検証して見ます。


この日はスタワンのスーパースタッフさんのアドバイスで
SOREX32を60℃で5分温めました。

風がある日はやらかいコンパウンドのタイヤを
良くあたためると良いそうです。

おかげでシュイーーンって感じの加速に戻りました

関連記事
路面状況に合わせたセッティングの基本を模索!!手間を惜しんじゃいけないか…



アベレージも上がってきました!いや〜楽しい!
でも私も人間。欲はつきません!
自己ベスト更新目指して今週末もスタワンにGOだ!

路面状況に合わせたセッティングの基本を模索!!手間を惜しんじゃいけないか…

先週のスタワン練習、
路面がよくなかったのか
トップスピードが全然伸びません。

私はすぐに気付かなかったのですが
常連さんはさすがで
「あれ!?いつものシュイーーン
がないね。ブーストカットしてるの??」
とのご指摘。



タイムももちろん出ていません。

この日は湿度が低く、どうやら
タイヤが喰っていなかったようです。

リヤが巻くことはありませんでしたが
なんか遅い…

そんなときがまた来るなら
セッティングを変えてみることにします。

とりあえず今思いつくことは

湿度低い→路面喰わない→タイヤの面圧を上げる
→パッツンダンパー。

湿度高い→路面喰う→ハイサイド対策
→引きダンパー。

こんなとこでしょうか。

湿度低くても喰う場合、
湿度高くても喰わない場合
もあるかもしれません。

当日の路面を見て
ダンパー組みなおすくらいの
気概をだしていきましょうかね。

ちなみにスタワンは真冬が一番
グリップが高くなるそうです。
この冬、もう一度検証です。
 




にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ


コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





カテゴリー

アーカイブス

RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM