ビシバシ来たっ!!スタワンカップ【14回目】〜準備編 TRF417X車重バランス見直し〜


2017年9月のスタワン月例レースに向けてTRF417Xをチューニングいたしました。

TRF417Xは基本的にレースの時しか稼動しませんが、今回は前日に練習をすることができるので、ちょっといじってみました。

TRF417Xはアルミやチタンのビスをふんだんに使っていて、車重が軽くレギュレーションの1400gよりも50g以上軽い状態でした。

これまではバッテリーの下に鉛板重りをかませていたんですが、いつもお世話になっているスタワンのメカの天才の常連さんにそれは「イカン」とのアドバイスいただいたためメカ側にこの重りを移動します。

要はバッテリーはマシンにおけるもっともウエイトのある物でたとえコンマ数ミリでも上方に移動するとマシンに与える影響が大きいとのことでした。

うーんまったく気付かなかった…

いつもアドバイスありがとうございます!!

続く…
 

*



本日明日のレースの準備でスタワンに来ています



今日は軽めに走らせます。

明日のために人間を温存します…

TRF417Xをメンテ!!現地でやりました

IMG_3071.JPG 最後にスタワンに行ったときに前回のスタワンカップで破損したCハブ等を交換しました。

セッティングも変更したかったんですが、間に合わず。

あっという間にひと月が経ち、今週末はもうスタワンカップ…

前回メカニックの天才の常連さんにフロントのサスマウントを広げるのと、サスマウントの穴の高さを変える技を教えていただいたので今週末のレースで試したいと思います!!!

事前準備しなくては…


TRF417Xを軽くメンテ!!走行前に最低限やっておきたい5つのこと


今月もスタワンカップが近づいてきたので、今週末は21.5T仕様のTRF417Xを走行チェックです。

前回のスタワンカップ、GTスポーツクラスでは予想以上に好走してくれたTRF417X。その走りを維持するために最低限のメンテはしときます。

 

関連記事

TRF417Xを419パーツを用いてモダンツーリングカー風にアップデート

【1】ドルーブ量のチェック
走行後は微妙にずれるので整えます。

【2】ダンパーメンテ
引きで組んでいる場合は、一日走ると引き具合が変わるのでできれば組みなおしたいところです。

ちなみにTRF417Xにはxrayダンパーがついていまして、このダンパー精度が高く漏れもほとんどありません。上部に穴が開いているため引き具合も変わることなくxray T4使用率の高いスタワンでは3か月間ノーメンテという方もいらっしゃいます。

【3】車高調整
基準となる車高に合わせます。当日の路面をみてここは再度調整です。ちなみに車高ってタイヤの歪みの関係か、タイヤの位置によって変わることに最近気づきました。ですのでタイヤを回してみて一番低くなるところで合わせることにしました。

【4】キャンバー調整
車高がかわるとキャンバーも変わるので、合わせて調整いたします。

【5】フロントトー角&アライメントチェック
最近スタワンGPで常に上位におられる常連さんに教えていただき、ココの調整が走りを左右する重要なポイントということ身を持って感じたので毎回チェックすることにしました。

以前はよく完バラメンテをしていたんですが、完バラしなくても上記のことをしていればよく走るということがわかりましたので最近はさぼっています。

 

関連記事

作業効率アップ!!ニトリのあのアイテムでピットが激変!これで完バラもゆっくりできる…

 

BD7 2016を完バラメンテ中!!時間はかかるけど楽しいですっ

 

バラすのも楽しみだよね!やはりやります BD7 2014 完バラメンテ

 

バラバラにはすぐできます!!BD7 2016を完バラメンテ

 

今週末もスタワン楽しみだ!


雨ですがスタワンに遊びに来ています


走り始めは417X!

アップグレード版TRF417Xを走らせた結果…



まるで別のマシン。

すばらしい!!!ダンパーがいいのかな?こりゃみんなxray使うわけだ。サーボをフローティングにしたのも効いているのか、より曲がるようになりましたね。

BD7やBD8とドルーブ量を合わせてみたんですけど、これはヨコモのジオメトリーのみ有効な値のようで、ロールが大きすぎましたね。次回はドルーブを詰めてテストします。

あと前回GTスポーツ準優勝の方のマシンとメカニック天才の常連さんのマシンをご好意でお借りして自分のピットで解析したところいくつか共通点が見られましたので、それも次回試したいと思います。

あと握り方。メカニック天才の常連さんに自分のマシンを運転していただいて、スロットルワークの波形を記録させていただいたところ、根本的に自分のとは違う。

ストックは限界まで握り倒さないとならないようです。自分のやり方を変えるのはなかなか大変なので、ブレーキ量やカーブをいじって適応させてみたいと思います。それでも駄目なら1からやり直しかな…大変だこりゃ!


TRF417Xを419パーツを用いてモダンツーリングカー風にアップデート


走らぬなら走らせてみようホトトギス…


ということでもう一歩速さの欲しいTRF417Xに手を加えることにしました。予算を投入です!

スタワンのメカニックの天才の常連さんにアドバイスをいただき、そして別の常連さんのマシンを真似させていただきます。

関連記事
期待に応えてくれたTRF417X!!!まだまだ遊べるね

用意したのは
TRF419X ダンパーステーF・R
TRF419サーボステー
xrayダンパー(メカニックの天才の常連さんに貸していただきました)


まずサーボステーをとりつけるのに穴を開けなくてはなりません。失敗できないので位置決め用プレートをポリカボで作成。


そしてドリルでギュイイーン。
当て木がないのでティシュの箱で代用。


リューターで皿ビス加工。



ダンパーステーは無加工で着きます!!!エクセレント!


ちょっと曲がったけど、まあよし。


ショートダンパー化で見た目スーパーかっこよくなりました。

さあ走りのほうはどうでしょう!?
 


期待に応えてくれたTRF417X!!!まだまだ遊べるね


魂を込めたTRF417X。旧車とは思えない動きで期待に応えてくれました!こうなってくると愛着が増します。

この日のベストは11.8。BD7 2014でスタワンカップに出たときのタイムが11.5くらいだったのでいい感じですね。


5mm前出ししたNSXもナイスな感じです。後方のサイド部分を標準のカットラインとは異なり残してみたんですが、こうすると安定する感じで、言葉で表現しにくいのですが曲がりが後から来る感じです。

 

どんどんカットしていくとバキっと曲がるようになり、最終的にはすべてカット。標準のカットラインどおりになりました。

メカニックの天才の常連さんからのアドバイスで、軽量は切っちゃったほうがいいとのこと。超軽量NSXは残したほうがいいのかな?

関連記事
スタワンは人材の宝庫!!ほんとに楽しめる場所が見つかってよかった…

 

タイヤをsweep40と32を試したんですが。32のほうが曲がるので好みです。ただ気を抜くとこけます。特に高速コーナーを全開で曲がる時にこけるのは痛い…

なので次回対策として、車高をフロント4.5mmに下げて、リア5mmに上げて差をつけ、フロントのバルク側アッパーアーム付け根のスペーサーを増やして初期を減らしてこけにくくして試してみようかと思います。

まあこれで駄目でも必殺技タイヤサイドウォール瞬接固めがあるので安心!安心!

 

実はこの日プロポを忘れるという失態(本年度2回目)をおかしてしまい、脂汗を流していたんですが、ご好意によりプロポを貸していただけました。

 

しかもどうせならM12Sも試してみなよ!とのことで2台比較することができました。ピンチはチャンスね。

M12Sを使って見たところ、速くなったというよりは滑らかさが増したという感じでした!!!とてもいいと思います。タイムも若干上がりました。欲しいですー!!!でも我慢。
 

 

先ほどのメカニックの天才の常連さんからTRF417XはTRF419Xバルク幅が一緒でダンパーステー無加工で付けられるよとの目からウロコの情報をいただきました!!

 

足も419XのものにしてXRAYのスーパーショートダンパーつければ戦闘力激増。少しの加工をしてサーボステーも419Xのものをつければ最強とのこと。

 

実際その仕様になっている417Xをゴッドオブスタワンの常連さんに見せてもらいました。ショートリポ仕様で見た目もSO GOOD!!やはり遊び方上手だなあ!!

 

マイTRF417Xもかっこよくしてやりたいが予算が…しばらくはノーマルでがんばるか…それとも少しずつ揃えていこうか…


TRF417X 21.5T仕様に魂再注入!!!


完バラメンテをしていたTRF417Xがようやく完成いたしました。たのしかったー!

関連記事
あのドキドキ感を何度でも

魂を込めて組み立てので走る気しかしません!!BD7とホイールベースやアッパーアームの角度等合わせたのでいけるはず。

 

ラジコンは意外と単純らしく見た目合わせれば似たような特性になるとのスーパーエキスパートさんの助言を参考にいたしました。



ついでにタミグラ時代の貯金である軽量NSXも1枚投入!!5mm前出しで曲げていきます。これでめちゃくちゃ速く走るはず…それかゲロ巻きするか…

目標は11秒前半までもっていきたいところです。ちなみにレースには出ないつもりです。出るとなるとスイープタイヤが必要になるので、手持ちのスイープ消化です。

中古タイヤでタイム出ちゃったらその時また考えよう…


あのドキドキ感を何度でも



キットを買って組み立てる時のドキドキ感はたまりませんよね!!完全にばらしてメンテすると、そのドキドキ感に近いものを僕は得られるんです。だから暇があればやっちゃいますよね。

今はTRF417Xを完バラ中です。TRF417Xはもう旧車の部類に入るのかな!?でも足まわりなどの壊れやすいパーツの供給も問題ないし、まだ全然楽しませてくれそうです。

TRF417Xは21.5T仕様にして楽しむ予定です。


にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ



よく読まれている記事





コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM