ブログホーム セッティング BD8 M05 TRF417X BD7 レースレポート ボディデザイン ラジコントーク
*

達人クラスのスーパーエキスパートさん達に共通すること!?

それはピットがものすごくキレイということ。

ラジコンを知っているのできっと余計なものは出さないんですね。

僕も見習ってキレイというのを心がけているんですが、不意のトラブルが起こると焦ってすぐぐちゃぐちゃになります…

いつもお世話になっておるベテランのスーパーエキスパートさんのピットはいつも芸術的にキレイ。

最近ピットライトをマッチモアの最新型に買い換えられたとのこと。

LEDの色調が昼白色もしくは暖色に切り替えられるようになりラグジュアリーさも加わっていらっしゃいました。いつも勉強させていただきありがとうございます!!

関連記事
きれいはかっこいい!スタワンで見かけたスッキリピット
 

とことんこだわっていこう!!

スーパーエキスパートさんは細部にまで余念が無い!!このこだわりこそがライバルを引き離すタイム差となって現れることでしょう。まずはカタチからでも見習っていこうと思います!

*



ラヂコンもんちぃで見つけた2つのナイスなアイテム

毎日5回以上はチェックするラヂコンもんちぃさんのWEBサイト。よくこれだよ!!コレというアイテムがピックアップされています。その中でも実際に僕が手に入れたアイテムをご紹介させていただきます。

カワダ SKG07 ダイヤモンドヤスリ 開先90度

これずっと探してたんですよね!!!ホームセンターなどあちこち探したんですけど、意外とない。

最近TRF417Xに419のフローティングサーボステーなど組み込んだわけですが、シャーシに新しくドリルで開けた穴の周りをこのダイヤモンドやすりで面取りをすればビスがキレイに収まるようになります。

関連記事
カワダ「ダイヤモンドヤスリ 開先90度」再入荷

このダイヤモンドやすりとドリルがあれば自由度100%!!!旧車にあんなパーツやこんなパーツをつけてぜひお楽しみ下さい。
 

Powers POWER TUNE ベアリングメンテナンスオイル

僕、この手のケミカル好きなんですよね。以前にもドライフルードやアクソンベアリングオイルなど比較実験もしていまして、この手のものは大概手にしております。


関連記事
POWERS「パワーチューンベアリングメンテナンスオイル」(1)水より低粘度!
POWERS「パワーチューンベアリングメンテナンスオイル」(2)まずはベアリングの脱脂から
POWERS「パワーチューンベアリングメンテナンスオイル」(3)脱脂後注入でサラサラ
ドライフルード実証実験…ほんとにこのマテリアルは最強か!?

もんちぃさんによるとZIPオイルで脱脂すればベアリングの蓋を外さなくても良いとのことでしたが、僕たばこ吸わないので持ち合わせておりません。かわりにCUREのブレークリーンが余っているのでこれを使ってみます。

 


これは匂いもけっこう強烈で、家の中では使わないことのの注意書きもあり、効きそうなので、コレに2〜3日ベアリングをつけて置けばなんとかなるんじゃないかと思います。

早速テストですね!うまくいきましたら使用感等またレヴューさせていただきたいと思います。


パワーの劣るマシンでぶち抜くために必要なこと…

ずばり気概と根性。

なんだよ〜とがっかりする方も多いと思いますが、ご安心下さい!!僕もそっち側にいました。

チームヨコモさんのお二人が僕のマシン、つまり同じマシンを使って、いつもコンマ5秒くらい速く走る姿を見ていたら考えが変りました。

過去に、なかなかうまくいかず、パワーソースに頼ろうとした時に「今、そこに頼ってしまったら上達しませんっ!!」とお叱りを受けたこともありました。

思えばそこでその言葉がなかったらラジコンがつまらなくなってしまったかもしれません。僕にとって宝の言葉だったと思ってます。

スタワンのメカニックの天才の常連さんにもよく「根性よ!根性」と声をかけていただくのですが、最近その重要性をひしひしを感じております。

要はどれだけ握れるか

理論はいろいろあるとは思いますが、どれだけ最高速の状態を長くできるか、これが大事だと思います。

恐いと思う所でアクセルを開けられるか、やばいと思う所までブレーキを我慢できるか、 最終的にはそこでの勝負ということをスタワンの常連さんの方々から叩き込まれています。

アイルトン・セナの死が意味するもの!?

かの有名なF1ドライバーアイルトンセナは常にそこで勝負していたということは彼の死が物語っているのではなかろうかと思います…

まあラジコンは事故っても怪我することもないので思いっきり行きたいところですが、僕のような凡人は「やばいっ!!」と思った瞬間、懐事情が頭をよぎり、ためらいが発生します。イカンね…

ポジティブに考えるなら、そこで勝負できるくらいになれば、そんなにお金をかけなくともそこそこ走れるようになる!!そしたらもっと楽しいよね。

パワーソースはその後で考えても充分間に合うはず。気長に練習していきますよ!


何回だってやり直す!!!これかな?と思った操縦の仕方がまた違った…

チームヨコモさん達に3月に出していただいてた荷重コントロールの課題。難しくてまだものにできていません。今回の壁は自分にとったら富士山より高い感じです。でもこれを乗り越えればさらに何倍も!!!ラジコンが楽しくなると思います。

関連記事
今度の課題はブレーキによる荷重コントロールとためらいなくアクセル全開

そして前回の練習、進捗を添削していただきました。こんな感じかなと自分でイメージしてコントロールし、練習してきたわけですが、さあ結果は…

肝心なところで荷重が抜けている…。

またやり直しです。しかしながら課題を持って練習していると楽しいラジコンがさらに楽しい!!基本的に楽しいので何回でもやり直せますよ!

今回もチームヨコモのお二人に丁寧に指導していただいたので、イメージを修正することができました。次回の練習が待ち遠しい!!

今週末はスタワンはタミチャレレースなので、15:00〜16:00から一般走行可能です。

僕は基本的に17時までしかできないので雨が降らなければSRTもしくは袖スタに遠征したいところです。


100円ショップは相変わらずお宝の山!!またまたお世話になりました


ラヂコンもんちぃさんとスタワンの常連さんに教えてもらった100円ショップで売っているカーボン柄のシート。さっそく購入してみました。

関連記事
100円ショップでカーボン柄シート
http://www.rcmonkey.jp/2017/05/100.html


僕は割れたリポバッテリーのハードケースの補修で使ってみましたよ!!最高!!

100円ショップにはお宝まだまだあるね

関連記事
またもや見つけた!!100円ショップで買えるラジコン便利アイテム

またまた発見!!これが100円とはまったくもって信じられません…

思ったとおり便利!100円のミニバイス重宝しています

100円ショップの両面テープの検証結果!!ついでに他の100円便利グッズもご紹介
 

意外と盲点!?2分でモーター温度を20度下げる基本技


最近、スタワンの新9秒台の常連さんから教えていただいたんですけど、スパーギヤとピニオンギヤのバックラッシュがきつすぎるとモーターに負担がかかって温度があがるとのこと。おそらく基本技だと思うんですけど、僕知りませんでした。

関連記事
9秒台の領域に辿り着いた猛者がまたひとり誕生!!その瞬間のお話を伺ってみました

写真くらいの間隔で調整したところ、きつめ、緩めで同じギヤ比で比較したところ、きつめ69度→ゆるめ50度と約20度くらいの差が出ました。

スタワンの月例レースは決勝8分なので温度は重要です!温度があがりすぎるとタレて後半遅くなります。


本日もスタワンに遊びに来ています



本日も3台を走行させます。

先週プロトフォームのLTC-Rがダメになってしまい、当分の間は練習用のラッシュのLTC-Rを使います。

本日も朝からスタワンです


今日も3台を走行させるのではりきってオープン前に到着!!

今日は久々にモデファイを走行させます。

またもや見つけた!!100円ショップで買えるラジコン便利アイテム


100円ショップで見つけたシールはがし(スクレーパー)これでデカールの貼りなおしも楽々簡単♪

関連記事
またまた発見!!これが100円とはまったくもって信じられません…

思ったとおり便利!100円のミニバイス重宝しています

100円ショップの両面テープの検証結果!!ついでに他の100円便利グッズもご紹介
 


タミヤ M07 conceptにそそられる4つのこと!!そして力技でなんとかしたいとおもうひとつのこと

タミヤ M07 conceptの画像が上がってきましたね!!

https://www.facebook.com/TamiyaUSA/?fref=ts

http://chachaxmaru.hatenablog.com/entry/2017/05/11/123021

マシン画像を見て、久々にタミヤのキット欲しいと思いましたね!!


そそられた点はまずキャンバーをデフォルトで調整できること。M05ではオプションでキャンバー調整用のアームが出てましたが、これだと調整しやすいです。スタワンのエキスパートな方々のM05にはすでに調整可能なアッパーアームついてますが…

ピロボールを短く切って、ターンバックル入れてさらに調整しやすく…なんて遊び方の想像を容易にできるマシンには購買意欲そそられますね!


次にリバウンドをとれることとシャーシ底にフラットな部分があること。M05はシャシー底が船のようになっていて車高もリバウンドも測りずらかったのでこれも魅力的です。

そして最後にギヤデフ搭載!!!M05では皆さんギヤデフ自作されてましたが、ついにその手間が省けます。

なんとかしたいしたいのはS寸にならないかということ。僕、旧ミニクーパーが好きなんです。

関連記事
旧ミニクーパーをスタワンで走らせたら…

きっとなんとかなる。





にほんブログ村 その他趣味ブログ ラジコンへ


コメントやご質問等はfacebookで受付中です!





カテゴリー

アーカイブス

RC WEB SHOP

RCサーキット

リンク

プロフィール

RC/DC内を検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM